検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

13件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
プラセンタにはどんな種類がある?それぞれの特徴は?
プラセンタとは、動物の胎盤から抽出されるエキスのことで、高いアンチエイジング効果が期待できます。どの動物の胎盤から抽出するかによって、プラセンタにはいくつかの種類があります。

1つ目は、豚プラセンタです。日本国内で販売されているサプリやコスメに含まれるプラセンタとしては最も人気が高く、リーズナブルに購入できる点が特徴です。豚のプラセンタには豚の胎盤が使われているわけですが、豚は年に2回出産するだけでなく、1回の出産で10頭前後を産むため、安定した供給を維持できるという点が、リーズナブルさの理由となっています。大量生産するコスメやサプリの原料としては、使いやすいのでしょう。

リーズナブルにプラセンタを試したいという人なら、豚プラセンタを選ぶのがおすすめです。ただし、他の種類と比べて不純物が混ざりやすいというデメリットがあるため、どんな豚が使われているのか、またどこで製造された商品なのかは要注意です。

豚プラセンタを選ぶ際には、抗生物質などが与えられずに育てられたSPF豚や、高い品質であることを示すJHFAマーク付きの豚の胎盤から抽出したものを選ぶのがおすすめです。

2つ目は、馬プラセンタがあります。これは馬の胎盤から抽出したもので、他の種類と比較してアミノ酸が豊富に含まれているという特徴があります。プラセンタを抽出する馬は大半がサラブレッドのため、血統や飼育環境が明確であると同時に、与えられる食事の栄養管理に関しても安心できる点がメリットです。ただし、馬は豚と比較すると出産する回数が少ないため、馬プラセンタを使ったサプリやコスメはそれほど多くありません。また価格面が豚プラセンタのものと比較して高額になりやすい点も特徴です。

馬プラセンタが使われている商品を選ぶなら、配合量や含有率をチェックすることをおすすめします。リーズナブルな商品だと、配合量が少なめというものが多いため注意したいものです。

3つ目は、羊プラセンタがあります。日本ではあまり多く流通していませんが、欧米では人気が高い種類です。羊という動物は豚よりも病気にかかりにくく、その胎盤から抽出したプラセンタは、安全性の面では信頼できるという点がメリットです。

羊プラセンタは、他の種類よりも浸透率が高いという特徴があります。そのためスキンケアに配合されているものが多いでしょう。

4つ目には、ヒトプラセンタがあります。これは人間の胎盤から抽出したもので、価格的には最も高額です。しかし人間の体にとっては、同じ人間から抽出した成長因子が使われるため、安全性が高いという安心感があります。また効果という点でも、他の種類より期待できる点がメリットです。

ただし日本国内では、ヒトプラセンタの使用は薬事法によって禁止されています。そのため、サプリやコスメでは入手することは難しいでしょう。もしもヒトプラセンタ配合のサプリやスキンケア商品を購入するなら、海外からの個人輸入代行サイトを利用するのがおすすめです。安全性が高いため、副作用の心配が少なく、継続して使用できるという点がこのプラセンタの大きな魅力です。

ヒトプラセンタを使用する際には、注意点があります。それは、点滴や注射などで体内に注入した人は、その後ずっと献血ができなくなるという点です。これは、B型肝炎などの感染症を予防するための策です。

5つ目には、海洋性プラセンタがあります。これは、鮭などの魚の卵巣膜から抽出するもので、胎盤ではないので厳密にはプラセンタと呼ばないと考える人もいます。しかし、魚が体内で卵を育てるために必要となるコラーゲンやアミノ酸、ヒアルロン酸などが豊富に含まれており、高い健康効果が期待できる点が魅力です。ただし、動物性プラセンタに含まれている成長因子は、海洋性プラセンタには含まれていません。

6つ目は、植物性プラセンタです。植物にも胎盤はないため、「胎盤から抽出したエキス」という定義では、プラセンタとは呼べないかもしれません。植物の場合には、胎盤に相当する胎座という部位を使っているのが特徴で、これは発芽を促す役割を持っています。栄養価が高く、これを活用したものが、植物プラセンタです。

植物プラセンタには、ビタミンやミネラルが豊富に含まれており、スキンケアなら高い美容効果が期待できる点が魅力です。ただし、植物性プラセンタも海洋性プラセンタ同様に、成長因子は含まれていません。そのため、アンチエイジング効果という点においては、豚や馬、羊やヒトなどの動物性プラセンタの方が優秀です。

アンチエイジングのサプリやコスメとしてプラセンタを選ぶなら、やはり優秀なのはヒトプラセンタではないでしょうか。高い肌再生効果が期待できるヒトプラセンタを使うと、ケガなどで細胞の再生が難しくなってしまった部位に関しても、肌再生効果が期待できます。肌への効果としては、シミやしわなどのエイジングサインに大きな効果があるほか、顔の赤みに対しても、継続使用することによって満足できる効果が期待できます。ドラッグストアなどで気軽に購入できるわけではないため、購入するなら海外からの個人輸入代行サイトを利用するのがおすすめです。定期購入な度ができないため、続けて使うならまとめ買いをするのが良さそうです。
プラセンタで美白ケア!美白の大敵シミができる原因と対策
加齢とともにお肌のシミが気になるという方は少なくないでしょう。シミを消すための美白ケアに励んでいる方も多いのではないでしょうか。しかし、どんなに熱心にケアしても、シミに効果的に働きかけなければ意味はありません。正しくケアするためにも、シミの原因や基本的な対策を知っておきましょう。

日光に含まれる紫外線を受けると、皮膚の内部ではメラニンという色素が増えます。そのため、肌の表面も茶色く見えるのです。黒いメラニン色素のことを黒色メラニンと言いますが、これは決して体にとって有害なものではありません。皮膚を紫外線から守るために生成される重要な色素なのです。皮膚の細胞を黒色メラニンによって覆うことで、これ以上皮膚が紫外線の刺激に晒されることがないようにと守ってくれています。

日焼けしてもずっとそのままではありません。やがて肌のターンオーバー(生まれ変わりのサイクル)に合わせて黒色メラニンも排出されていきます。メラニンが排出されると肌の色ももとの白さに戻りますので、日焼けをするのは体が正常に働いている証拠とポジティブに捉えましょう。

シミも日焼けと同じくメラニン色素によるものですので、肌が正常にターンオーバーを繰り返すのであればそのうち薄くなっていきます。ところが、一度できたシミがずっと残っているという方も多いのではないでしょうか。

それは、紫外線のダメージが長い年月のうちに肌の内部まで蓄積したり、また、皮膚が炎症を起こしていたりなど、肌が健康を損なっていることが原因です。何らかのトラブルによってメラニン色素が過剰に生成されるようになってしまうと、肌のターンオーバーでも排出しきれないほどメラニン色素が溜まってしまいます。その結果、肌の表面にシミとして残ってしまうわけです。

若いうちは肌が元気なので、多少メラニン色素が多めに生成されても肌のターンオーバーとともに排出されていくものです。ところが、年を取るほどにターンオーバーが追いつかなくなり、シミが目立つようになります。これを一般的に老人性色素斑などと呼びますが、実際には20代の若い人にも見られるため、必ずしもお年寄りに限った話ではありません。

また、老人性色素斑とは別に、「炎症後色素沈着」という形でシミが残るパターンもあります。これは文字どおり、炎症の刺激で生成されたメラニン色素が肌に残ってしまう症状です。虫刺されやにきびの痕が茶色く残るのもこのパターンです。

シミができる基本的な仕組みがわかれば、どうすれば根本的な対策になるかもおわかりでしょう。メラニン色素が過剰に生成されることを防ぐとともに、肌のターンオーバーを正常にすればよいのです。

まず、メラニン色素の生成を抑えることからですが、それには、なぜメラニンが生成されるのかを考えてみましょう。先にも述べたように、紫外線が最大の原因ですので、紫外線の刺激をなるべく受けないようにすればよいのです。そのためにはどうすればよいでしょうか。女性ならみなさん欠かさずやっているUVケアです。男性にとっても紫外線の刺激は肌に悪いので、なるべくUVケアをやるようにしましょう。

UVケアの方法ですが、夏場なら帽子、日傘、日焼け止めクリームなどはみなさんすでに利用されているのではないでしょうか。しかし、紫外線の刺激から肌を守るためには、夏だけの対策では不十分です。冬の日差しにも強力な紫外線が含まれているので、できれば日焼け止めクリームは季節にかかわらず年中使うようにしてください。

また、UVケアの前提としてスキンケアにも力を入れましょう。そもそも肌が荒れていたり乾燥していたりすると、もともと肌が持っているバリア機能が下がってしまいます。肌が直接紫外線のダメージを受けて、シミが作られやすくなるので注意が必要です。スキンケアを心がけると同時に、肌の健康を根本から支えるためにも健康的な食生活や質の良い睡眠も意識してください。

なお、美白ケアのための美白美容液が市販されていますが、これはどのようなタイミングで使えばよいのでしょうか。具体的には製品ごとの用法用量を守ることですが、大切なのはケチケチしないことです。「こんなに使ってはもったいない」と説明書の用量より少ない量しか使わない人がいますが、それではせっかくの効果も半減です。説明書に記載のとおり毎回十分な量を使ってください。

なお、美白美容液は一般の美容液に比べて刺激が強いという誤解があります。必ずしもそんなことはなく、刺激が強いと感じるのは、単にその美容液とあなたのお肌との相性が悪いだけです。肌に合う美容液を選んでください。

あとは、ターンオーバーを促すために肌に栄養のある成分をしっかり摂取することです。ビタミンC、A、Eのほか、プラセンタという胎盤エキスが美白ケア業界で注目されています。効果が期待できるプラセンタ製品も多数販売されていますので、ぜひチェックしてみてください。海外製の質の良いプラセンタも、個人輸入代行サイトを使えば簡単に手に入れることができます。
プラセンタなどの美白化粧品でシミ対策は可能か?
ドラッグストアなどで美白化粧品がよく販売されています。この美白化粧品でシミを解消したいと思っている人もいるでしょう。しかし、市販の美白化粧品ですでにできてしまったシミを消すのは難しいです。美白化粧品とは、シミ予防のためのスキンケアグッズです。ですから、すでにできているシミを薄くしたり消したりする効果はあまり期待できないと考えてください。

しかし、美白化粧品を使う必要がないかというとそうではありません。実は私たちの肌にはまだはっきりと形になって現れていない、潜在シミと呼ばれるシミの卵のようなものがあります。このシミの卵は、そのまま放っておくといずれはシミとなって肌に現れます。シミができないようにするためには、日々の美白化粧品を使ったケアが必要です。特に年齢を重ねると、シミのできるリスクはどんどん高まります。これ以上シミを増やさないためにも、美白化粧品を使用するのはおすすめです。美白化粧品を購入する際には、どのような成分が含まれているか確認してください。

美白に効果の期待できる成分の中には、美白有効成分があります。文字通り美白効果の期待できる成分のことで、厚生労働省の認可を受けているのがミソです。美白有効成分の配合されているものには、美白効果を謳うことが認められています。まずは美白有効成分が含まれているかどうか、成分表を見て確認してください。

そもそも、なぜシミが発生するかと言うと、メラニン色素の働きによるものです。メラニン色素が肌に沈着するとしみになってしまいます。美白有効成分の中には、このメラニンの生成を抑制するようなものがあります。メラニンはメラノサイトというところで生成されます。このメラノサイトの活性化を抑制する、メラニンと密接に関係する酵素のチロシナーゼの働きを抑制するなどの働きがあります。ビタミンC誘導体やトラネキサム酸、ルシノール、プラセンタエキス、アルブチンなどが該当します。

メラニン還元効果のある成分も美白有効成分として認定されています。メラニン還元効果とは、簡単に言うとシミを薄くする効果のある成分です。シミがすでにできていて、何とかケアしたいと思っている人は、こちらの成分の含まれている化粧品を購入するといいでしょう。しかしシミを薄くすることは可能ですが、シミを目立たなくするところまでの効果は期待しないほうがいいです。またシミ予防の側面からも、シミ還元作用のある成分の配合された化粧品でケアするのもおすすめです。今はシミができていなくても、紫外線などの外的刺激を受けるとメラニンが生成されるからです。ビタミンCやハイドロキノンといった成分には還元作用が期待できます。

肌のターンオーバーを促進する成分も、美白有効成分として認められています。メラニンができても正常に肌のターンオーバーが進めば、古くなった角質とともに排出されます。しかし生活習慣が不規則だと、肌のターンオーバーが乱れ、シミも色素沈着されやすくなります。また年齢を重ねるとターンオーバーが若いころのようにうまくいきません。ですからシミができやすく、目立ちやすいわけです。そこでターンオーバーを促進することで、メラニンを徐々に薄くすることも十分期待できます。アデノシン1リン酸やプラセンタエキス、リノール酸などにはターンオーバーを促進する働きがあるといわれています。

ドラッグストアに行ってみて、美白化粧品を探してみましょう。おそらくいろいろな商品が販売されているはずです。その中でどれを選べばいいか迷ってしまうかもしれませんが、おすすめなのは「医薬部外品」もしくは「薬用」と書かれているものの中から商品を選ぶことです。医薬部外品や薬用と記載されているものは、ここまで紹介した厚生労働省の認可する美白有効成分が一定量以上含まれているものだからです。美白に対して何らかの効果が期待できると国のお墨付きを得ている化粧品なので、効果も十分期待できます。

ただし医薬部外品や薬用と表記されていて、口コミの評判も上々でも効果が必ず現れるとは限りません。美白有効成分の効果には個人差があるからです。そのため、まずはいろいろな美白化粧品を使ってみましょう。そしてどれが自分の肌に合うのか、見つけてみてください。ただしここで重要なのは、1~2週間使って効果がなかったからと言って、自分の肌には合わないと早合点しないことです。美白化粧品は医薬品ではないので、即効性はありません。少なくても1度購入したら、その美白化粧品を1本使い切ってみましょう。そこで自分の肌に合いそうかどうか判断してください。

すでにできてしまった濃いシミの場合、美白化粧品だけで目立たなくするのは難しいでしょう。しかしこの場合でもプラセンタ注射液やトレチノインのようなものを使用すれば、美白化粧品よりも効果が強いので悩みが解決できるかもしれません。通販サイトなどでも取り扱っていますので、シミを何とかしたいと思っているのであれば一度チェックしてみるといいでしょう。
美白対策にはプラセンタ?その効果とは?
美容方面では以前から広く知られているプラセンタ。その一方で名前と効果のイメージが先行して十分にその内容が知られていない面もあるようです。プラセンタへの注目が高まっていることで「○○プラセンタ」といったさまざまな名前のプラセンタが市場にあふれている状況で、本来のプラセンタとはどのようなものなのか、実際にどんな効果が期待できるのか不透明になっている面は否めません。

そもそもプラセンタは動物の胎盤由来のエキスのことです。胎盤には胎児の成長を促すためにさまざまな成分が含まれており、それが美白をはじめとした美容対策に優れた効果を発揮することが期待されているのです。

ポイントはあくまで「動物の胎盤由来のエキス」であるということです。哺乳動物の胎盤から抽出したエキスであり、単独の成分の名称ではありませんし、動物以外の生き物から抽出されたエキスは本来はプラセンタとは言いません。ところが美容市場では植物由来のプラセンタ(植物性プラセンタ)や魚由来のプラセンタ(海洋性プラセンタ)が「プラセンタ」と名付けられて発売されています。

本来の哺乳動物由来のプラセンタには「グロースファクター(成長因子)」とよばれる成分が含まれています。これは先述したように胎児の成長を促すためのものです。当然胎盤を持っていない魚や植物にはこのグロースファクターは含まれていませんから、植物性プラセンタや海洋性プラセンタには本来のプラセンタに備わっている効果が全て備わっているわけではないのです。これはプラセンタ製品を選ぶ際にとくに注意したいポイントとなるでしょう。

植物性プラセンタや海洋性プラセンタにはまったく美容効果がない、というわけではなく、グロースファクターに代表される含まれている成分に違いがあるため、それぞれ効果が異なることを意味します。ですから植物性プラセンタ・海洋性プラセンタの製品を購入する場合にはそれぞれの有効成分やその効果をよくチェックしたうえで検討するようにしましょう。

では本来の動物由来のプラセンタにはどんな美容効果が期待できるのか?代表的な効果として挙げられるのが美白効果とエイジングケア効果です。先述したグロースファクターは細胞の成長や増殖を促す働きを持っているため、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促す効果が期待できます。

例えば年齢を重ねた肌は新陳代謝が衰えるためハリが失われシワができやすくなります。そこにプラセンタを補うことで若々しい肌をよみがえらせる効果が期待できるわけです。

さらにターンオーバーとは古い皮膚が剥がれ落ちて新しい皮膚と入れ替わるメカニズムのことですから、美白対策にも役立ちます。シミや日焼けは紫外線を浴びたときに肌の刺激を防ぐために生成されるメラニン色素が原因です。この黒褐色をした色素が日焼けをもたらし、またそのまま皮膚に沈着してしまうとシミになるわけです。

ターンオーバーがしっかり機能していればこのメラニン色素も古い皮膚と一緒に排出されていくのですが、加齢や生活習慣の乱れなどでターンオーバーに遅れや乱れが生じているとうまく排出されずにそのまま皮膚に残り、沈着を起こしてしまうのです。年齢を重ねるとシミができやすくなるのもこのターンオーバーの乱れが大きな原因です。

ですからプラセンタのグロースファクターでターンオーバーを活性化させることでメラニン色素の沈着を防ぎ、排出を促すことで美白効果も得られることになります。

さらに、プラセンタにはシミの生成そのものを防ぐ作用が備わっていることも明らかになっています。メラニン色素は皮膚の奥にあるメラノサイトとよばれる細胞で作られます。紫外線などで肌に刺激を受けたときにメラノサイトがメラニン色素を作り出すメカニズムが働くのですが、プラセンタにはこのメカニズムを阻害する働きも持っているのです。

ですから、メラニン色素の生成そのものを阻害しつつ、ターンオーバーの活性化で排出を促すという2段階のケアで美白対策を行っていけることになります。この点からも美白・美肌両面で非常に優れた選択肢と言えるでしょう。

そんなプラセンタ配合の化粧品がさまざまなメーカーから発売されていますが、先述したように本来プラセンタとは言えない成分がプラセンタと名付けられて発売されていることもあるので気をつけましょう。また国内で発売されている製品は配合量が少なく、期待したほどの効果が得られないこともあります。

そんなときには個人輸入代行業者で海外製のプラセンタ化粧品の購入も検討してみましょう。海外ではプラセンタのほか、同じく美白成分として知られているハイドロキノンなどを配合した化粧品も手軽に入手することができます。しかも国内製よりも有効成分の濃度が高いものも見られます。もちろん、適切な用量・用法を踏まえた上で正しく使うこと、自分の肌に合っていることを確認したうえで使うことが大前提ですが、これまで使ってきた美白成分に物足りなさを感じている方、やっかいなシミやシワの悩みを抱えている方には有力な選択肢のひとつとなるでしょう。
プラセンタとのシナジー効果がすごい!注目されているダーマローラーとは?
家庭でできる美容ケアには、さまざまなものがあります。例えば、美顔器と美容液を組み合わせることによって、シナジー効果を得られるスキンケア方法もあります。そんな中でも近年注目されているのが、ダーマローラーです。

ダーマローラーというのは、クルクルと肌の表面を転がすようなローラーの形をしている美顔器で、ローラー部分に200本程度の細い針がついているという特徴があります。針の長さは商品によって異なり、短いものだと0.25㎜程度、長いものだと1㎜以上のものもあります。

ローラーを転がすことによって、針が肌の表面に小さな穴をあけます。肌表面の角質層だけでなく、真皮層にも刺激が届くと、真皮層ではその刺激を傷だとみなし、回復のためにコラーゲン生成を活性化してくれます。そこに成長因子が分泌されることによって、新しい肌が内側から作られ、美肌効果へとつながります。

ダーマローラーを使ったスキンケアは、たくさんの肌トラブルを改善することができます。例えば、真皮層に大きなダメージを受けたことで残ったニキビ跡や傷跡、小鼻や頬の毛穴の開きなどは、ダーマローラーを使ったお手入れを定期的に続けることによって、少しずつ肌の凹凸を改善できます。

美肌ケアができるスキンケアには、ダーマローラー以外にもたくさんの方法があります。ダーマローラーには、どんなメリットがあるのでしょうか?

1つ目のメリットは、肌の表面に物理的に傷をつけるため、確実に肌の治癒力を活性化できるという点があげられます。微細な針を使うため、肌に穴をあけても穴が目視できるという事はありませんし、ダウンタイムが発生することもありません。

2つ目のメリットは、ダーマローラーとプラセンタを組み合わせることによって、より大きく迅速な美肌効果を得られるという点です。ダーマローラーを使ったお手入れの後には、肌の内側から治癒採用を持つ成分が分泌されます。それに加えて、プラセンタのような肌細胞の生成を活性化できるジェルなどを併用すれば、より大きな効果を得ることができるでしょう。

3つ目のメリットは、自宅で好きな時にお手入れできるという点です。ダーマローラーは市販されており、針の長さやデザインなどによって多種多様な商品がラインナップされています。またプラセンタは、ドラッグストアなどで市販されているわけではないものの、個人輸入代行サイトを利用すれば、ネットショップを利用する感覚で購入できます。まとめ買いをしても良いですし、色々な種類を試してみるという方法もアリです。

4つ目のメリットは、自宅でお手入れすれば翌日から普段通りのメイクができるという点があげられます。肌をしっかり休めて回復させたいなら、どこにも外出する予定がない日の前日にダーマローラーを使うという方法もアリでしょう。そしてたっぷりと睡眠時間を確保すれば、体の内側から積極的かつ活発に治癒機能が働いて、美肌効果を得ることができます。

5つ目のメリットは、美肌効果の中には肌の弾力が改善されたり、美白効果なども含まれているという点です。肌の内側から新しい肌細胞が生成されることによって、メラニン色素を多く含む細胞や水分量が不足している乾燥した細胞などは、どんどん垢として剥がれ落ちます。定期的にこのスキンケアをすれば、肌の内側からどんどん質の良い細胞が継続的に生成されるので、肌質が少しずつ底上げされることになります。

それでは、ダーマローラーはどのように使えばよいのでしょうか?ローラーには金属製の針がついており、力強く肌に当ててしまうと痛みが発生します。まったく力を加えないのでは肌への刺激という点で十分ではないものの、我慢できない痛みに耐える必要はありません。部位や力のかけ方によって、どのぐらいが自身にとってちょうど良いかが異なるため、バランスを考えながらローラーを使うのがおすすめです。

この時、痛みに耐えながらローラーを使うなら、使用頻度は少なめがおすすめです。一方、痛みに弱い人なら、それほどの負荷をかけることなく頻度を多めにするという方法が良いかもしれません。

ローラーを使う際には、メイクを落として洗顔剤で肌を清潔な状態にしたうえで、肌が乾燥しないように化粧水でたっぷりと保湿しておきましょう。そのうえでローラーをコロコロと転がし、終了したらプラセンタを肌に塗布した上で、冷たいタオルを当てて炎症を抑えます。冷たいタオルを与えることによって、毛穴の炎症が軽減できるだけでなく、毛穴がきゅっと引き締まるという効果も期待できます。

このダーマローラーを使ったスキンケアは、1回のお手入れで大きな効果が出るわけではありません。肌は新陳代謝をしており、ターンオーバーによって少しずつ肌質が改善できます。そのため、1回であきらめるのではなく、定期的に数か月程度継続することをおすすめします。数週間から数か月ぐらい続けると、さまざまな悩みを抱えていた肌でもシミがないプルプルの陶器肌へと近づけます。
美肌を目指すならプラセンタ!プラセンタの驚くべき効果とは?
「何歳になっても若々しくきれいな肌でいたい」多くの女性がそうした願いを持って、日々スキンケアに励んでいると思います。肌に良い、美肌になる、そういったものはこれまでもたくさん話題になりましたが、近年、美容に良いとされるものの中で注目を集めているのがプラセンタです。

プラセンタとは、哺乳動物の胎盤エキスのことを指します。プラセンタは、お腹の中で育つ胎児の命を育む、とても大切な栄養素です。プラセンタにはタンパク質やミネラル、そしてビタミンなど、美容に欠かせない成分が豊富に含まれているため、現在、美容業界ではプラセンタが非常に注目されているのです。

そんな現代の美容の最先端をいくプラセンタですが、その歴史はとても古く、2000年前から効能が認められ、愛用されていました。例えば、中国の漢方の世界ではシカシャと呼ばれ、女性やお年寄りの虚弱体質改善、不妊症の改善などの効能から、歴代の皇帝たちに珍重されてきました。他にも、若返りの秘薬として、クレオパトラやマリー・アントワネットが使用したとも言われています。

はるか昔から人体に有効なものとして使用されてきたプラセンタは、現代では研究がさらに進んで、基礎代謝向上作用や抗ストレス作用など、多くのことがわかってきました。現代医療の世界でも、幅広い用途で使用されています。

美容に関する領域では、シミ対策やエイジングケア、そして体調や季節によって変化する肌質の改善などにも有用であることが明らかとなり、積極的にプラセンタが用いられるようになっています。年齢に負けない美しい肌を手に入れるためには、抗酸化作用、血行促進作用、そして線維芽細胞増殖作用の3つの要素が必要です。

抗酸化作用とは、シミの生成を防ぎ、肌の弾力を保つためには欠かせない作用です。私たちの身体に老化をもたらす老化因子と言えば、活性酸素が挙げられます。特に、紫外線などの刺激を受けることの多いお肌は、身体の中でも特に活性酸素によるダメージを受けやすいと言われています。肌のハリや弾力の低下、シミなどは、まさにこの活性酸素が原因となっているわけです。この活性酸素に抗うことができるのが抗酸化作用であり、肌を若々しく保つためには必須の要素であることが理解できると思います。

血行促進作用とは、肌に栄養素を届け、ターンオーバーを促進するために必要な作用です。肌に送られる栄養素は血液を介して運搬が行われるため、血行が悪くなると肌が栄養不足になってしまい、肌細胞の老化を促進させる原因となってしまうのです。また、クマやくすみなどの主な原因も、この血行不良によるものであることがわかっています。

そして、線維芽細胞図食作用とは、内側から肌の基礎を作るためには必須の作用です。線維芽細胞は肌の真皮層にある細胞で、肌のハリや弾力を保つエラスチンやコラーゲン、肌の水分保有には欠かせないヒアルロン酸などを生成する働きを持っています。線維芽細胞は20代後半から低下し始め、年令を重ねるごとにどんどん低下していくと言われています。エラスチンやコラーゲン、そしてヒアルロン酸は、体外から補うことはできない成分です。そのため、その生成に関わる線維芽細胞の維持が、美肌を保つためには欠かせないというわけです。

実は、プラセンタはこの重要な3要素を全て兼ね備えています。美容には欠かせない、まさに美の秘薬ということができるでしょう。

プラセンタの摂取方法ですが、一昔前までは注射が主流でした。しかし、現在はドリンクや肌に直接塗り込むクリームなど、さまざまなタイプが開発されています。

この中でも一番のおすすめは、スキンケアとして使用できる、肌に直接塗るタイプです。肌に直接塗ってダイレクトにアプローチすることで、メラニンの生成の抑制やターンオーバー促進などの効果を得やすくなるというメリットがあります。現在は手頃な市販品も開発され、気軽に入手できるようになっているので、継続して使用しやすい状況が確立しています。

しかし、やはり気になるのが、それらの製品に含まれるプラセンタの含有量です。市販品にもたしかにプラセンタは配合されているのですが、その含有量はそこまで多くないものが多い傾向にあります。そのため、品質が高く、プラセンタの含有量が高い製品を手に入れるためには、通販サイトを利用するのがおすすめです。個人輸入サイトの中には、高品質なプラセンタの製品を安価に入手できるところもあるので、ぜひチェックしてみてください。

若々しくハリのある美肌を維持するためには、日々の努力が欠かせません。プラセンタという有効なものが身近にあるのであれば、それを利用しない手はないでしょう。プラセンタを用いた美容法なら、美白や美肌ケアに興味があるけど、何をすればよいかわからないという方でも簡単に始めることができます。数十年後も美しく輝いた自分でいられるためにも、思い立ったらすぐに対策を始めることが大切なのです。
プラセンタがおすすめ!美白を妨げる原因と美白を目指すためにできること
美白、美肌を目指すには、まず、肌の色を黒くする原因を見つけ出し、それを取り除かなければなりません。では、どんな原因によって白い肌が茶色くなったり黒くなったりするのでしょうか。

肌を茶色や黒にする大きな原因は紫外線です。日光には紫外線が含まれており、その作用で日焼けになります。紫外線を浴びることで、皮膚の内部にメラニンという色素が生まれ、それが皮膚に沈着することによって日焼けになるのです。通常なら皮膚のターンオーバー(皮膚細部の入れ替わり)によってメラニン色素は排出され、またもとの白い肌に戻るのですが、紫外線を浴び続けるとターンオーバーが生成されるメラニンに追いつかなくなってしまいます。

紫外線を浴びてメラニンが皮膚に沈着すると、それは日焼けのほかにもシミやソバカスなどの肌トラブルにも発展することがあります。特に年齢を重ねるほどにこの傾向は強いです。若いうちであれば細胞の活動が活発なので、多少のメラニン色素なら皮膚のターンオーバーによって排出することが可能です。しかし、30代、40代と年齢を重ねるほど、その働きが徐々に低下してき、排出するより生成されるメラニンが上回ってしまいます。

紫外線だけでなく、肌の状態によっても茶色や黒っぽく見えることがあります。たとえば乾燥肌です。肌が乾燥しているということは、水分が足りていない状態ですので、本来備えている肌のバリア機能が衰えています。そのため、健康的な肌なら多少の刺激を弾き返すことができるのに、小さな刺激にも反応して色素を沈着させてしまうことがあるのです。

また、肌の色自体だけでなく、キメの細かさによっても色合いが違って見えます。特に乾燥肌の場合、肌のキメが荒くなっていますので、その荒いキメが凹凸を作り、それが作る影によってなんとなく黒っぽく見えてしまうのです。

もともと乾燥肌というだけでなく、刺激の強い洗顔料を使ってゴシゴシ力強く顔を洗うと、肌の水分が失われて乾燥しやすくなってしまいます。また、エアコンによって空気が乾燥した室内で長時間過ごすことによっても、肌は乾燥しがちです。

肌の血色の良さは酸素と栄養がしっかり行き届いている証拠です。逆に、貧血になって十分な酸素と栄養が肌に行き渡らないと、血色が悪くなってしまいます。特に女性の場合、生理や出産などで貧血になりやすいので注意してください。

なお、美白を妨げるさまざまな原因を確認しましたが、これらすべての原因を取り除いたとしても、もともと生まれつき持っている肌の白さ以上に白くなることはありません。美白ケアによって可能なのは、もともと持っている白さに近づけることです。生まれつき地黒の人が、人が変わったように白くなることはないので誤解しないでください。

というと、自分はどこまで白くなれるのか気になる方もいるでしょう。小さい時から日焼けばかりで、もとの白さがよくわからないという方もいるはずです。そういう方は、日が当たらないお腹の色を参考にしてみてください。日が当たらなければ紫外線を受けることもないので、日焼けの影響はないはずです。美白ケアを続けることで、顔もお腹ぐらいの白さを目指せることがわかります。

では、具体的にどうやって美白を目指すことができるのでしょうか。美白の大敵である紫外線を防ぐことが第一に挙げられます。肌のくすみやトラブル、老化の原因の8割程度は紫外線の影響です。ですので、美白を目指すならできるだけ紫外線に当たらないようにしましょう。

外出する際は帽子や日傘、アームカバーなどはもちろん、日焼け止めクリームも忘れずにつけるようにしましょう。なお、紫外線は季節に関係なく降り注いでいます。日差しの強い夏場ばかり気にしてしまいがちですが、実は冬場の紫外線量もかなりのものです。日焼け止めクリームは季節にかかわらず一年中使うようにしましょう。

美白には食事も大切です。栄養バランスに気をつけて、規則正しい食事を心がけましょう。特に、紫外線のダメージから肌を素早く回復させるには、高い抗酸化作用のあるビタミンCを積極的に摂取することが大切です。また、貧血を防ぐには、鉄分をたっぷり含むレバーや赤身の魚などをしっかり食べるようにしましょう。

美白には良質な睡眠も欠かせません。熟睡している時に成長ホルモンが活発に分泌され、肌のターンオーバーを促進するからです。それによって肌には潤いとハリが生まれます。潤いとハリのある肌ほどバリア機能が高いです。紫外線のダメージを防ぎ、日焼けやシミ、そばかすを予防することにもつながります。

もちろんスキンケアも美白を目指すなら不可欠です。肌に潤いとハリをもたらすには、保湿効果の高いスキンケアアイテムを使用しましょう。また、高い保湿効果があるとともに、肌の新陳代謝を促すプラセンタもおすすめです。プラセンタを高配合したアイテムは個人輸入代行サイトでも手に入ります。ふだんの生活習慣や美肌ケアももちろん大切ですが、それに加えて一度試してみてもよいのではないでしょうか。

カテゴリ一覧

ページトップへ
ラシックス通販&個人輸入・78ショッピング のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。