検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

23件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
ピルってどんな薬??正しい知識を身につけて安全に活用しよう!
避妊薬として知名度の高いピルですが、副作用がある薬としても広く知れ渡っているため、日本では怖い薬であるという認識の方も少なくありません。実際に、日本では世界に比べると、ピルの使用率は低いとも言われています。そんなさまざまなイメージに包まれているピルですが、きちんとした知識を身につければ、思ったよりも危険は少なく、正しく使用すれば多くのメリットがあることもわかってきます。

ピルは、1960年代にアメリカで開発された経口避妊薬です。使用状況は各国によって異なりますが、全世界の1億人以上の女性の方がピルを使用しています。例えば、オランダの状況を見てみると、14~16歳の子どもたちにはピルが無料で配布されるほど、身近なものであることがよくわかります。

ピルの大きな効果は、やはり避妊が可能なことです。ピルは、卵巣にて作られるエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが主成分の薬です。これを内服することによって、意図的に体内のホルモンバランスを調整し、脳に妊娠していると認識させます。脳が妊娠したと認識することで排卵が止まり、その間に性交渉を行ったとしても妊娠することができなくなるわけです。これがピルがもたらす避妊の仕組みです。この避妊の効果はピルを服用している期間のみ現れるものなので、ピルの服用をやめれば通常の排卵を再開することができます。

日本ではあまり表沙汰になることはありませんが、世の中には女性が避妊を望んでも、避妊を拒否して性交渉を行う男性も多くいます。そうした男性とお付き合いをしている女性たちが自分の身を守るために、ピルを使用しているという事実も確かに存在するのです。

また、ピルにはつらい生理痛を和らげる効果もあります。通常、生理中は増殖した子宮内膜内のプロスタグランジンという物質により、子宮の収縮が促されます。この動きが生理痛となって女性の体を苦しめるわけですが、ピルを服用するとプロスタグランジンを抑制することができるため、通常の月経時よりも痛みが軽くなるという効果が得られるわけです。

この他に、ピルには月経の時期をコントロールする効果もあります。旅行や大切な日に生理が来ないように調整したいというときは、自身の生理周期に合わせてピルを服用すれば良いというわけです。

多くの女性が毎月の生理痛に悩まされており、場合によっては身体を動かすことすら困難な状況に陥ってしまうこともあります。これは日常生活を送ることが困難になってしまうことと同義であり、それを和らげるピルの存在は、彼女たちにとって救世主ということもできるでしょう。

思春期に生理が始まれば、ピルの服用を開始できます。しかし、その服用には条件があります。例えば、中等度以上の高血圧と診断された方や乳がんの方、そして肝機能障害をお持ちの方などは服用することができません。体質によって飲める人と飲めない人がいるので、自分は大丈夫かどうかきちんと確認をしてから、ピルを使用することが大切です。

一口にピルと言っても、その種類はさまざまです。ピルには大きく分けると、高用量ピル、中容量ピル、低用量ピル、そしてミニピルの4種類が存在します。このうち、高用量ピルは重い副作用があることがわかっているので、現在はよっぽどのことがない限り、処方されることはありません。そのため、実質3種類のピルという認識でも良いでしょう。

この3つの各ピルは、それぞれ使用目的が異なります。中容量ピルは、主に緊急避妊薬や重度の月経に関わる症状の改善に用いられるピルです。低用量ピルは、通常の避妊や軽度の月経に関わる症状の改善、そして肌荒れの改善などを目的として使用されます。ミニピルは、体質的に低用量ピルでも重い副作用が出てしまう方が、避妊したい場合に使用するピルのことです。

これらのピルはどの種類であっても、副作用が起こる可能性があります。例えば、吐き気や血栓症などのリスク、そして腰痛や不正出血などです。これらの副作用は、ピルの服用開始時が一番ひどく、服用を継続することによって少しずつ軽くなっていくことが多いと言われています。もちろん、用量が少なければ少ないほど、副作用は起こりにくくなります。

ピルには確かに副作用が存在しますが、正しく使用すれば生理や妊娠に悩まされることなく、日常生活を送ることが可能になります。これまでピルは怖くて手が出せなかった方、認識が変わったという方は、ぜひピルを活用して、健やかな日常生活を手にしてください。

現在、日常的にピルを服用している方もそうでない方も、お得にピルを購入するには通販サイトがおすすめです。通販サイトでは、多種多様なピルをお得な価格で入手することができます。ただし、前述の通り、ピルの恩恵を得るためには、きちんと用法用量を守ることが大切です。早く効果を得たいからといって、定められた使用方法と異なる服用をしないように、くれぐれも注意してください。
さまざまな避妊法のそれぞれのメリット・デメリット
避妊の方法はさまざまですが、どれを選ぶにせよメリットもあればデメリットもあることを考慮しなければなりません。また、どの避妊法が適切なのかは個人のライフスタイルによっても変わります。自分とパートナーに最も適した方法を選びましょう。

避妊の効果が最も期待できる方法が、経口避妊薬、いわゆるピルの服用です。黄体ホルモンや卵胞ホルモンが含まれるピルを、毎日同じ時間に服用すると、高い避妊効果が得られます。正しい方法で服用した場合、妊娠率はわずか0.7%です。また、婦人科疾患の治療など避妊以外の目的にも使用されています。

そんな避妊効果の高いピルですが、世界的に見て日本での普及率は高くありません。しかし、この後紹介するコンドームよりも避妊を防ぐ観点からはおすすめです。女性がピルを服用し、男性がコンドームを装着すればさらに高い避妊効果が望めるでしょう。

また、ピルの場合、女性の主体的な意思で避妊ができるという大きなメリットがあります。コンドームの避妊率も高いですが、コンドームは男性が装着するため、男性の協力が絶対不可欠です。もし男性がコンドームの装着を拒否した場合、もしくは、装着はしたものの正しく装着できていない場合でも、ピルによって妊娠を高い確率で防ぐことができます。

一方、ピルにもデメリットがあります。頭痛やむくみ、不正出血などの副作用があることがその一つです。ただ、これらの症状を過度に恐れる必要はなく、数か月服用を続ければ気にならなくなると言われています。また、滅多に見られませんが、血栓症を副作用として発症する恐れもあるので注意です。加えて、45歳以上の女性やヘビースモーカーの女性の場合、健康上のリスクのためにピルが処方されないというデメリットもあります。

ピルよりも避妊法としておなじみなのが、先ほども触れたコンドームです。男性のペニスに装着することで精子の膣内への侵入を防ぐ効果があります。コンビニやドラッグストアなどで手軽に購入できること、副作用がないこと、性器同士の接触を防ぐために性病予防にもなることなど、コンドームのメリットは多いです。

ただし、先ほども述べたように、コンドームを使うには男性の協力が不可欠ですし、装着の仕方がまずくてセックス中に外れたり破れたりする恐れもあります。コンドーム単体での妊娠率は約2%となかなかの避妊効果がありますが、実際にはそれほどではないでしょう。また、女性にとっては、コンドームで本当に避妊できたのかどうか確認できないというデメリットもあります。しかし、ピルなど他の避妊法と併用することで、避妊効果を高めることは可能です。

一般的に「避妊リング」と呼ばれる子宮内避妊器具(IUD)という避妊法もあります。こちらは、その名のとおり子宮の内部に取り付けることによって、受精卵が着床しないようにする避妊法です。一度取り付けると2年から5年ほどの避妊効果が得られます。セックスのたびに避妊する必要がなく、健康上の理由からピルの服用が難しい女性にも適した方法です。

避妊リングの避妊効果はとても高く、場合によってはピル以上の効果が見込めます。妊娠率はおよそ0.1%~0.6%です。一度取り付けると、後は時々医師に確認してもらうだけで数年の避妊効果が得られるので、避妊忘れの心配がないうえにコストパフォーマンスが高いというメリットがあります。

避妊リングのデメリットは、取り付けも取り外しも医師に頼らなければならないことです。ピルやコンドームのように個人的にできる避妊法ではないので、その面倒さが大きなデメリットでしょう。また、いったん取り付けた後は数年間の避妊効果が見込めるものも、何かの拍子にリングがずれたり外れたりすることもあるので、定期的な検診も欠かせません。また、妊娠や出産の経験がない女性には取り付けられないこともあります。

避妊リングの一種ですが、ピルのような避妊効果を持つ子宮内避妊システム(IUC)という方法もあります。子宮の内部に取り付けると、器具から黄体ホルモンが放出され、それによって着床を防ぐという原理です。また、子宮頸管に作用して精子が子宮内に侵入するのを防ぎます。

IUCのメリットは、ピルの服用ができない女性でもピルと同じような高い避妊効果が得られることです。メリットとしてもう一つ、避妊リングの一種なので、一度取り付けるだけで数年間の避妊効果が得られることも挙げられます。

ただし、これも医療行為なので、個人で取り付けることも取り外すこともできないことがデメリットとして挙げられます。定期的な検診も必要ですし、妊娠や出産経験のない女性の場合、取り付けできない場合もあることに注意しましょう。

さまざまな避妊法を紹介しましたが、女性が個人でできる避妊効果の高い方法となると、やはりピルがおすすめです。ピルは個人輸入代行サイトを利用することで、一般の人でも簡単に購入することができます。避妊の必要がある方はぜひ検討してください。

カテゴリ一覧

ページトップへ
ラシックス通販&個人輸入・78ショッピング のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。