検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

23件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
ピルを上手に活用してプレ更年期を乗り切りましょう
更年期は、よく知られています。それでは、プレ更年期という言葉を聞いたことがあるでしょうか。日本人は、おおよそ、50歳前後に閉経となる女性が多く、更年期としては、40歳後半から50歳前半までの間の症状を言います。更年期では、自律神経やホルモンバランスが乱れ、いろいろな症状が起こります。理由としては、卵巣機能の低下により、エストロゲンが減るため、体や心にいろいろな不調が現れてくるためです。症状としては、体調不良はもちろん、ホットフラッシュやちょっとしたことでイライラしてしまう、何事にもやる気が起きず憂鬱になる、など心と体のバランスを崩しがちです。

さて、プレ更年期障害とはどのようなものでしょうか。50歳前後の更年期障害に先駆けて、最近では、30代から40代全般の女性が、まるで、更年期障害になったような症状が出る場合が増加しています。これを、プレ更年期と呼んでいます。

この原因は、普段の生活の中で溜まったストレスまたは、急激なダイエットなどでの食事制限による栄養不足や偏りが、体に影響を及ぼし、まだ更年期の年代に達していなくとも、卵巣機能が低下することで起こります。

プレ更年期は、大きく分けて、体、肌、心の三つの症状として現れるとされています。体の具体的な症状で言えば、生理周期の短縮や不順、顔がほてる、疲れやすくなった、膝や手首など関節が痛むことがあるなどです。また、心の症状に関しては、寝付きが悪くいつも眠りが浅い、ちょっとしたことでイライラしやすく怒りっぽくなってきた、物事を忘れやすくなってきた、などが挙げられます。加えて、肌の症状で言えば、肌にくすみが出てきた、シミやシワが気になり始めた、爪が割れやすく爪に縦筋が入ってきたなどの症状が出ると言われています。このような症状に当てはまる場合、プレ更年期という状態である場合もありますので、ご自分の体調や症状を観察してみてください。
また、プレ更年期の原因である、女性ホルモンが低下しているかどうかのチェックには、基礎体温をつけることでわかる場合もあります。基礎体温をつけることで、次の生理の予測や、妊娠しやすい時期がわかるだけでなく、女性ホルモンが分泌されているか確認できるのです。測定方法は、朝、目が覚めて、なるべく早く、専用の婦人科体温計で、舌下で、安静にしながら計測します。基礎体温とは、就寝時の生命維持に必要な最低限のエネルギー消費時の体温を表しています。基礎体温をつけることで、生理周期だけではなく、女性の体調のリズムが、身体の周期によって変化していくこともよくわかります。それにより、今までよくわからなかった自分の体の状態もわかるようになります。生理周期は、生理期、卵胞期、排卵期、黄体期に分かれます。排卵期から、黄体期に入ると高温相が10日以上続くことになりますが、この高温相が9日以内の場合は、黄体機能が悪く、卵巣の働きがやや低下していることがわかるのです。基礎体温をつけるということは、自分の大事な体のリズムをつかむ上でも大変重要です。さらに、プレ更年期を知る上でも有効です。

それでは、プレ更年期対策としては、どのようなものがあるでしょうか。自律神経の乱れを整え、免疫力を高める生活習慣を維持する必要がありますが、そのためには、自分のストレスと向き合い、少しでも減らしていくよう努めてください。この場合も、無理しすぎないことです。ストレスの感じ方は、人によって様々なので、自分軸で対応していくことが大切です。また、偏食を改め、バランスの良い食事を取るようにしましょう。加えて、自分が心地よさを感じられて、始めやすい適度な運動もよいでしょう。
このように、日々の生活習慣を見直すことも大切ですが、プレ更年期では、卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)が減少してくることも事実です。そこで、女性ホルモンが入っている薬である、ピルを飲んでみてはどうでしょうか。ピルの摂取により、減少してしまった女性ホルモンを補い、プレ更年期で現れる症状の緩和や改善に向かう助けとなると言われています。つまり、排卵によって卵巣が傷つくことを緩和できるのです。

更に、ピルは、生理周期をおおよそ28日間に整え、ホルモンバランスを安定させます。それにより、PMSと呼ばれる生理前の不快な症状を和らげてくれす。PMSの症状も個人差がありますが、ひどい症状のある場合は、日常のQOLが著しく損なわれます。しかも、ピルを服用すると、子宮内膜を厚くならないようにしてくれるので、経血の量も減り、生理痛が緩和されるなどのメリットもあります。

日本人にとって、ピルはまだまだ浸透しておらず、選択としては、勇気がいる場合もあるかもしれませんが、海外では、よく使われている薬です。プレ更年期をよく知り、自分の体の不調と向き合い、ピルも考慮に入れながら、症状改善のための行動を起こしてみては、いかがでしょうか。
こんなにも違う!欧米と日本のピルに対する考え方
ピルと言えば、日本でも一昔前と比べると若者の間で避妊薬として知られるようになってきました。しかし、その認識は日本とアメリカで大きく異なります。日本では、避妊具としてコンドームが使われるのが主流で、低用量ピルの使用率はわずか2.9%に留まっています。一方、欧米諸国では15%~35%の女性がピルを使用し、コンドームと併用する事で避妊率を高めています。

低用量ピルは、正確には「低用量経口避妊薬」という名称で、1粒の錠剤の中に2種類の女性ホルモンが含まれています。その女性ホルモンが作用する事によって、体内のホルモン量を調整し、排卵を抑制したり、受精卵の着床を防いでくれる事で妊娠を避けられるのです。正しく服用すれば、その避妊成功率は99.7%と非常に高い上に、PMS(月経前症候群)や月経痛の軽減、卵巣癌、大腸癌のリスク回避などといった女性に嬉しい効果も期待出来ます。

多くの利点がある低用量ピルですが、日本であまり普及していない理由として、入手のしにくさという問題点があります。日本では、避妊目的で使用されるピルは保険適用外となってしまうので、ピルの購入には高額な費用を払わなくてはなりません。さらに、薬局などで簡単に入手出来るものではないので、少しハードルが高く感じてしまう人もいるでしょう。また、性教育の遅れも問題の一つとなっています。日本の学校では、性に関する授業を年間で3時間程しか学習しません。その内容は月経や妊娠の仕組みといった基礎的知識を学ぶのみですので、ピルに関しての情報は自分で取得するしかありません。インターネットの普及により、簡単に性に関する情報を入手出来る時代になりましたが、若者に誤った知識を植え付け兼ねないと問題になっているのも事実です。

ピルの服用率が低い日本では、年間16万人以上もの女性が人口中絶を行っています。実はコンドームの避妊成功率は100%とは言えず、男性側の協力が得られなかったり、勢いで装着をせずに挿入されてしまうといったケースが後を絶ちません。そういった背景から望まない妊娠をしてしまう若者が増えてしまっているという悲しい現状があります。そして、恐ろしい事に、日本の中絶方法は、WHOが推奨する「安全な中絶方法」に乗っ取っていないやり方で処置されているケースが多いと言われています。現在、世界的には薬剤による中絶方法が広まりつつあり、WHOもこれを推奨しています。しかし、日本では未だに時代遅れと言われる掻把法が採用されているのです。この方法に関して、日本では改善される兆候は出ていません。望まない妊娠により、世界的には安全ではないと言われている方法で中絶をしなくてはならなくなる前に、女性はピルで自分の身を守る必要があるのです。

欧米諸国では、自分自身の身を自分で守るという考えを幼い頃から自覚させる教育を行っています。一般的に4.5歳頃から性教育が始まり、性別の違いによる性に対する考え方に始まり、性暴力の危険性など幅広い視点から性について考える時間が作られます。特にフランスでは、性教育に対しての対応がしっかりしていて、中学生の頃からピルの使い方や使い忘れた時の対処法まで教えています。タイやフィンランド、アメリカなどでは高校生が低用量ピルやアフターピル(緊急避妊薬)を、ドラッグストアで処方箋なしで気軽に入手でき、アメリカでは敷地内にアフターピルの自動販売機を設置した大学まであります。その値段も数百円台~と日本と比べて海外では、「ニキビ予防になる」などの気軽な理由でピルを使用する環境が整っているのです。

そもそも日本で低用量ピルが承認されたのは、アメリカから遅れる事35年以上の1999年で、その承認までには44年という長い時間がかかりました。そして、時代が変わり2020年には、日本政府がアフターピルを処方箋なしで入手できるようにする法案を提出しました。日本でアフターピルが承認されたのは2011年の事ですが、これまでの普及率は乏しい物がありました。2020年に入り、コロナウィルスが大流行した事で、いわゆるおうち時間が増え、望まない妊娠についての相談が増えた事がこの法案の背景にあります。

アフターピルは、性交後72時間以内に服用すれば、排卵を止めたり遅らせる事ができ、避妊効果が得られるというものです。処方が早ければ早い程その効果は高くなりますが、日本の現状では、6000円~2万円ほどする高額なものばかりで気軽に購入出来る値段設定にはなっていません。そういった問題点を解決してくれる法律が日本で制定される日が来るのはそう遠くないでしょう。

低用量ピルやアフターピルは、最近では個人輸入代行サイトでも簡単に入手することが出来ます。避妊目的でピルの使用尾を検討中の方や生理痛を軽減させたい方はぜひ購入を検討してみてください。念のため、利用の際にはどんな副作用があるか事前に確認してから試すようにしましょう。
覚えておきたい!ピルの副作用とは|低用量ピルでも副作用はある?
ピル(Pill)は、英語では錠剤や丸薬を意味する言葉ですが、一般的には「女性ホルモン製剤」を意味します。いわゆる「経口避妊薬」ですが、避妊以外の目的でつかわれることも増えています。
ピルは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンを合成して作られたもので、服用することで排卵と子宮内膜の増殖を抑制する効果が得られます。服用している最中だけ排卵を抑制する効果がありますが、服用を止めると自身が分泌する女性ホルモンのみになるため、やがて生理が始まります。避妊効果が得られますが、女性の生理周期をずらしたいという場合や、月経痛の緩和、PMS(月経前症候群)、ホルモンバランスによってできるニキビの症状緩和などの効果も得られます。とくに働く女性やホルモンバランスが不安定な思春期の女性などはピルを服用することで、体調を整えられるメリットが得られます。このところでは、避妊以外のところでピルを用い、生理のつらさを和らげる治療を受ける人が増えているため、ピルに対する意識改革が広がっています。

低用量ピルは毎日同じ時間に1錠ずつ服用することが基本的な飲み方です。生理が来たその日から飲み始め、21日間ホルモン含有錠を飲み付けます。その後は休薬期間に入り生理様の出血を待ちます。出血が始まったら新しいシートを始めるといったルーティーンです。飲み忘れを防ぐため、ホルモン含有錠のほか、フラセボと呼ばれる錠剤が7日分含まれたものもあります。フラセボ服用中に出血が始まったら、その途中でも新しいシートへ切り替えてください。飲み忘れがあれば数時間以内であればその時に飲みます。1日以上明かしてしまった場合は、出血を待ち新しいシートからピルを飲み始めましょう。

低用量ピルには、超低用量・1相性・3相性といった種類があります。1相性は1か月21錠のピルのホルモン含有量が一定の製品です。3相性なら、21錠中に含まれるホルモン量を3段階に分け、少しずつ量を増やしていくタイプのものです。体調に合わせて選ばれますが、このところでは生理周期と同じように、ホルモン量を段階的に増やし疑似出血へ導く3相性ピルが広く選ばれるようになりました。超低用量ピルは、卵胞ホルモンの含有量が0.03mgより少ないもので、婦人科疾患の治療目的で処方されます。避妊効果に関しては超低用量ピルの商品ごとに異なるようです。

このほか、エストロゲンの含有量が多い中用量ピル、緊急避妊薬と呼ばれるアフターピルがあります。アフターピルはノルレボやレボノルゲストレル、アイピルなどがあります。いずれのピルも性交後72時間以内に1錠服用することで排卵を抑制し生理の出血を促す作用があるため、避妊につながるのです。

いずれのピルも体質によって副作用があるといわれています。もちろん副作用を感じないという人もいるため、個人差があることを理解しましょう。どのようなピルでも不正出血や悪心、頭痛といった軽度の症状がみられます。ホルモンバランスの変化によっておこる症状であり、体がピルのホルモン量に慣れると不快な症状は緩和されると考えられています。超低用量ピルを含む低用量ピルは、副作用が少ないといわれていますが、不正出血などのリスクは否定できません。副作用がきついという場合は、3相性ピルなどを選び少しずつホルモンを補っていくことをおすすめします。毎日服用するタイプの低用量ピルの場合、副作用は3~4周期ほど続くことがあるようです。経過観察で体が落ち着くことがほとんどですが、なかにはピルが体質に合わない可能性もあるので、生活に支障をきたすような副作用が続く場合は一時使用を中断しましょう。

低用量ピルよりも副作用のリスクが考えられるのは、アフターピルです。アフターピルはエストロゲンの量が多いため、吐き気や不正出血が認められるようです。また肌荒れや胃腸障害、乳房の張りなども認められます。このほか、ホルモンバランスの変化からくる不安(不定愁訴)などもあるようです。この症状は、24時間~数日以内で消失します。しかし、場合によっては血栓症など可能性も見られます。
アフターピルを使った緊急避妊法は、従来型の緊急避妊法である「ヤツペ法」と言われる中用量ピルの服用よりも副作用は少なく、安心して妊娠を回避できる方法といえるでしょう。

副作用があるといっても、そのリスクは高いものではありません。血栓症のリスクはピル服用中の女性1万人あたり9人未満といわれています。その副作用リスクを避けるために、喫煙者や片頭痛を持っている方、生活習慣病で治療を受けている人のピルは禁忌です。このほかにも、肝臓疾患がある場合にもピルの服用はNGといわれています。ピル服用中も定期的に検査を受け肝臓の代謝異常が出ていないか調べることが求められます。発疹や皮膚のかゆみ、黄疸といった症状もピルの副作用といわれることがあるので、些細なことでも不快な症状があれば様子をみてください。
たくさんある避妊方法!どの方法がより確実?
避妊方法には、さまざまな種類があります。男性側が使用するものもあれば、女性側が使用するものもありますし、セックスを中断して装着するものや、その必要がないものなど、多種多様です。それぞれの方法にはメリットやデメリットがあり、どのぐらい確実に避妊できるかという点も異なります。ここでは、数ある避妊方法のメリットやデメリットを見ながら、避妊の確率を検討しましょう。

1つ目の避妊方法は、コンドームです。これは男性がセックスの際に装着するもので、正しいタイミングで正しく装着すれば、避妊成功率は95%ととても高くなります。リーズナブルに購入できますし、妊娠を予防するだけでなく性病の感染なども防げるという点で、大きなメリットが期待できる避妊方法と言えるでしょう。

ただしコンドームは、着用のタイミングやつけ方を間違えると、避妊できる確率は大きく低下します。また着用の際に敗れてしまうリスクもあるため、注意が必要です。

2つ目の方法は、女性ホルモンの分泌を調整することによって排卵をコントロールできるピルです。これは女性がどのタイミングでセックスしても妊娠しないよう、毎日継続して服用しなければいけません。ホルモンの分泌を管理することによって、避妊効果だけでなくニキビができにくくなったり、生理の周期を安定させるなどの効果が期待できます。ピルを服用している場合の避妊成功率は99%以上ととても高く、妊娠したくない人にとっては大きな安心感が期待できるでしょう。

3つ目の方法には、IUDやIUSなどの避妊具があります。これは子宮内に装着するもので、自身で装着できないため、医療機関で施術を受けなければいけません。その際に痛みを伴ったり、数年ごとに交換が必要という点は、この方法のデメリットと言えます。避妊に成功する確率は95%以上で高く、ピルのように毎日服用しなければいけないという手間もないため、欧米では人気の避妊法となっています。

4つ目の避妊方法には、殺精子剤があります。これは女性の膣の奥に塗るゼリーやクリームなどで、他の方法と比較すると避妊成功率は75%とそれほど高くありません。女性が自身で使える避妊具としては人気が高いのですが、コンドームと併用するなどの工夫が必要な方法と言えるでしょう。

5つ目の方法は、基礎体温法を使ったものです。これは避妊具を一切使わず、女性の基礎体温を毎日計測することによって排卵日を予測し、セックスのタイミングを工夫することで妊娠を避けようというとても自然な方法です。避妊できる確率は残念ながらそれほど高くありません。その理由は、基礎体温の測定で妊娠しやすい時期を予測することはできても、精子や卵子の授精を完全に阻むことは難しいからです。

6つ目の避妊方法には、手術による避妊が挙げられます。男性が受ける手術もあれば、女性側が受けられる手術もありますが、一度の施術で半永久的な避妊効果を得られるという点がメリットです。しかし、あとから妊娠を望む場合には、再び施術を受けて妊娠できる状態へ戻す作業が必要となります。その際には完全に元通りになるわけではなく、妊娠しづらい赴任体質となってしまうこともあります。そのため、もしも将来的に妊娠を望むなら、あまりお勧めではない方法と言えるでしょう。

上記の方法はどれも、使い方が大きく異なるだけでなく避妊できる確率も違います。ライフスタイルによってどの方法が適しているかは変わるため、どの避妊方法を使用するかを決める際には、ライフスタイルやどんなタイミングで誰とセックスするかをシミュレーションしながら決めることがとても大切です。

避妊方法として多く用いられるコンドームは、男性が主導となって使用する避妊具なので、女性にとっては不安が残るものです。実際に妊娠するのは男性ではなく女性の体なので、避妊に関しては男性任せではなく自身で管理したいという人は多いのではないでしょうか。

そんな時には、ピルがおすすめです。上記の通り、ピルは毎日続けて服用する必要があります。ウッカリ飲み忘れてしまうと効果が半減するため、忘れずに時間を決めて服用することが大切です。そのためには、スマホでアラームを設定して、飲み忘れないようにスマホに教えてもらうなどの工夫をすると良いでしょう。

ピルは、ドラッグストアなどで市販されているものではありません。しかし、海外からの個人輸入代行サイトを利用すれば、ネット感覚で気軽に購入することができます。ピルにはいくつかの種類があり、自身の体との相性もあるでしょう。そのため、相性が良いものを見つけるためにいくつか使ってみるという方法もおすすめです。海外からの輸入代行なら、たくさんの種類から選ぶことができますし、価格の面でもリーズナブルなので続けやすいというメリットが期待できます。またセックスの後に服用することで妊娠を予防できるアフターピルなどもラインナップされているので、ニーズに合わせて選びましょう。
ピル(経口避妊薬)の種類や違いを知りたい!
ピルと聞くと副作用の不安を理由に、使うかどうか迷うという人は少なくありません。ピルの種類は増え続けていて、その目的ごとに異なります。実は避妊薬だけではなく、更年期障害の改善や女性疾患を改善するためにも使われているのです。きちんとした知識を身に着け、生理や、排卵、ホルモンバランスなどをコントロールできるようになれば、これほど心強い味方はいないでしょう。

現在、入手できる一般的なピルは3種類あります。その違いは、薬に含まれているエストロゲンという成分の量です。

低用量ピルはピルの中でも一番多く使われていると言われています。低用量ピルは、エストロゲンが50ナノグラム以下含まれているピルの事を指します。中用量ピルは50ナノグラムちょうど含まれています。最近では超低用量ピルというものも発売されていて、非常に微量なエストロゲンが含まれています。3つのピルはエストロゲンの差によって種類が変わります。しかし、黄体ホルモンはどのピルにもほぼ同量含まれています。

ほとんどのピルはこの3つに分類されますが、例外が2種類あります。ミニピルとアフターピルと呼ばれるピルです。ミニピルにはエストロゲンはなく、黄体ホルモンのみ含まれています。アフターピルは他のピルと異なり継続して服用しません。エストロゲンと黄体ホルモンのコントロールで、避妊はもちろん女性特有の問題も改善されていくのですから、いかに女性の体は神秘的でデリケートなのかがわかります。

女性ホルモンの管理は、避妊や生理日を移動するだけではなく、生理の悩みを解決し快適に暮らす事ができます。例えば、生理痛の緩和や、生理不順などがそうです。

生理、排卵にまつわる悩みは避妊だけではありません。ピルの種類は使う目的によっても違ってきます。その人にあった用量を守る必要がありますので目的だけを重視する事はできませんが、エストロゲンの量の違い以外で、自分はどれを飲んだらいいだろうと迷った時に当てはめる目安として頭にいれておきましょう。

一番多く使われている低用量ピルは、避妊以外にも月経前症候群(PMS)の改善としても使われます。もし自分の体にあっていないなと感じたらエストロゲンの含有量が少ないものを選びましょう。超低用量ピルは、生理痛やPMSに使用できるお薬ですが月経移動や避妊などには効果が得られない場合があります。

中低用量ピルは月経移動、避妊目的のヤッペ法と呼ばれる方法に用いられるピルで飲み方が他のピルと異なります。服用する時間も決められていますので用法、用量をよく守りましょう。

アフターピルは現在最も避妊目的で使われているといわれるピルの総称です。これは性行為から72時間以内に服用が必要な薬です。副作用もおこりますし連続して飲む事はできません。

ミニピルは排卵よりも生理が原因と思われる主な症状を緩和してくれる薬です。避妊目的には向いていません。このように使う目的によってどのピルを飲むか決めることができます。

ピルは避妊薬としての目的だけではありません。現代社会での時間の使い方やストレスが女性のホルモンバランスを崩し生理にまつわる悩みは増える一方です。また原因も複数絡みあっている事があります。ピルの服用は避妊以外にも崩れたホルモンバランスを補助し、体の生理的サイクルを整えてくれる効果があります。自分にあったピルを探す事がピルとうまく付き合っていく秘訣です。PMSは医学的にも新しい疾患ですがその原因は女性の日常生活の変化だと言われています。海外では学校でピルの効果や排卵の仕組みを習うのが常識でピルの服用もそんなに珍しいことではありません。そのため日本ではあまり知られていない事も多いのですが、今はインターネットでいくらでも情報が得られる時代です。また海外製品は個人輸入という形でピルを入手できます。自分の体をよく観察し、自分にあったピルを見つける事は自分を守る一つの手段です。生理前のイライラや生理痛がひどく生活に支障をきたすという人はピルの服用を検討してみましょう。

エストロゲンの含有量によって種類がわかれている事や、目的別でどの種類のピルを飲めばいいかわかったら商品を探します。低用量ピルとして使われているのは、トリキュラー、ダイアン-35、マーベロンがあります。原産国は様々で、それぞれの国で実際に女性が服用されている国内シェアが高いお薬です。海外の医薬品は、ある程度自国での認知度がないと海外にいっても需要がありません。アフターピルはポスティーノ、マドンナ、アイピルです。アイピルはノルレボと呼ばれる日本で発売予定のアフターピルと同じ原料で作られている後発医薬品(ジェネリック)です。後発医薬品は、すでにでている新薬よりも安価で手に入れる事ができる上に有効成分は同じものである事から日本でも認知度が高まっています。中用量ピルはジェニー、プラノバールなどがあります。ミニピルの種類はノアルテン、ディナゲストがそれにあたります。これらは黄体ホルモンのみで作られています。
最も効果的な避妊法は?それぞれの失敗率とオススメの避妊法!若い女性はピルとアレの併用がおすすめ
避妊にはさまざまな方法があります。それぞれのメリットとデメリットを知って、適切な避妊方法を選びましょう。

避妊法で一般的なのは、コンドームです。ペニスに薄いゴムをかぶせて、精子の侵入を防ぐ方法です。メリットは手に入りやすく、手軽に使えることです。性感染症のリスクを大幅に低下させることも大きなメリットです。

デメリットは、男性が主体になるので、女性の意志が反映されにくいことです。また、正しく装着しないと効果が期待できません。失敗率は2%、1年後に妊娠する確率は15%と、他の避妊法に比べて失敗する確率が高いのもデメリットです。

次に、低用量ピル(経口避妊薬)です。卵胞ホルモンと黄体ホルモンが配合されており、この成分が脳下垂体に働きかけて、妊娠を防ぎます。子宮に精子を侵入させにくくする、受精卵が着床しにくくするといった作用もあります。

避妊の失敗率は0.3%、1年後に妊娠する確率は8%です。飲み忘れをせず、正しく服用すれば、非常に高い確率で避妊できます。このほかにもメリットが多数あります。その中でも特に大きなメリットが、女性が主体となって妊娠を決められることです。また、生理が来る日をコントロールできる、生理痛が軽くなる、生理の量が減る、ニキビが改善するなどのメリットもあります。

デメリットとしては副作用があることですが、健康で若い女性の場合は副作用の心配は低いと言われています。

3つ目は、IUS(子宮内避妊システム)です。黄体ホルモンを出すプラスチックの器具を子宮に入れる避妊法です。失敗率は0.2%、1年後に妊娠する確率は0.2%であり、ほぼ確実に避妊が可能です。女性が主体的に避妊を選べるのもメリットで、効果は5年間となっています。

ただし、婦人科で挿入してもらわなければならないことが、デメリットと言えるかもしれません。また、非常に希なケースですが、自然に体外に排出されることがあります。

4つ目は、銅付加IUD(子宮内避妊用具)です。IUSと同様に、婦人科で子宮内に挿入してもらう必要があり、有効期間は5年間です。失敗率は0.6%、1年後に妊娠する確率は0.8%となっています。デメリットとしては、人によって生理の量が増えるケースがあることです。

5つ目は、リズム法です。毎朝基礎体温を測り、排卵日を知ることで妊娠しやすい日の割り出し、その期間は性行為を避けることで避妊する方法です。体のリズムを活用した避妊法で、メリットは自分の体のリズムを把握できるので、健康管理に役立つことです。また、副作用などの心配がないので、その点も安心です。

デメリットは、毎朝正しく基礎体温を測り、記録する必要があるので面倒なことでしょう。そして、体調の変化などによって基礎体温が乱れることがあるので、正しい排卵日を予想しにくいことです。失敗率は1~9%、1年後に妊娠する確率は25%と、失敗をするリスクが高いと言えます。

これらのメリットとデメリットを見ていくと、最も確実性の高い避妊法は低用量ピルとコンドームの併用です。低用量ピルだけでも優れた避妊効果が期待できますが、コンドームを使うことで、性感染症にかかるリスクが大幅に低下します。

低用量ピルは、避妊法としては世界的に見て最もポピュラーな方法です。ドイツでは若い女性の約7割が低用量ピルを使っていると報告されており、特に若い女性におすすめです。

毎日1錠服用することさえ忘れなければ、非常に高い確率で避妊が可能となっています。妊娠したくなったら、低用量ピルを止めるだけです。

初めて低用量ピルを服用した際に、不正出血や吐き気、頭痛などの症状が出ることがあります。しかし、ほとんどの人の場合、副作用の症状は最初だけで、服用し続けていると症状は現れなくなります。

心配な副作用として挙げられるのは、静脈血栓塞栓症です。低用量ピルを服用している場合、わずかですが、静脈血栓塞栓症になる可能性が高まると考えられます。静脈血栓塞栓症の症状は、激しい頭痛や腹痛、突然しゃべりにくくなる、目が見えにくくなる、足のむくみや痛みなどです。

静脈血栓塞栓症は、低用量ピルを始めてから3か月以内に発症するケースが最も多いと報告されています。発症リスクが高いのは、喫煙習慣のある人、肥満の人、高齢の人、高血圧の人です。低用量ピルを服用するなら禁煙しましょう。

このように副作用の心配はありますが、若い女性の場合はメリットのほうが圧倒的に多く、世界的にポピュラーな避妊法となっています。研究によって、低用量ピルを服用している女性は、服用していない女性よりも、死亡率が低いことも分かりました。

コンドームは、男性に使う意志がないと避妊できません。でも、低用量ピルなら、女性が自分の意志で避妊を選ぶことができます。望まない妊娠は、女性の体も心も傷つけます。確実性の高いピルとコンドームの併用で避妊しましょう。ピルの購入は、低価格で購入できる並行輸入がおすすめです。
更年期障害対策にピルが使える?
避妊薬として使われるピルですが、更年期のトラブルを軽減するためにも使うことが可能です。ピルの中でも低用量ピルは、服用する人の健康状態に問題がなければ、閉経まで処方することができます。しかし、年齢が上がるにつれて、ピルの服用には注意が必要となります。

まず35歳以上のプレ更年期と呼ばれる年齢においては、ピルを服用することによって更年期の前兆とみられる症状を軽減できます。女性ホルモンの分泌は、20代後半から少しずつ低下していきますが、35歳を過ぎると女性ホルモンが十分に分泌されないことが原因で、更年期の症状とよく似た症状を経験することが出てくるでしょう。そんな時、ピルを服用することによって不足している女性ホルモンを補充でき、不快な症状を軽減できます。

ただし、乳がんを経験した人や、毎日15本以上のタバコを吸う喫煙者、また妊娠している人の場合には、ピルを服用することはできないので、注意してください。

年齢が40歳以上になると、喫煙者や乳がん経験者だけでなく、生活習慣病のリスクがある人も、ピルの服用が難しくなってしまいます。例えば、BMIが30以上で肥満体型の人をはじめ、高血圧や高脂血症、糖尿病を患っている人なども、ピルを使って更年期障害の症状軽減はできません。生活習慣病の人がピルを服用数と、心筋梗塞や血栓症のリスクが高くなってしまうからです。

もしもこれらのハイリスクに分類されなければ、40代でも低用量ピルを服用することは可能です。服用することによって、更年期障害の症状を未然に予防できますし、そのほかにも骨粗鬆症の予防やアンチエイジングなどの効果が期待できます。ピルによって体内で分泌しづらくなった女性ホルモンを補い、体内の女性ホルモンレベルが改善するでしょう。その結果、代謝が活性化されて太りづらく痩せやすい体質へ近づいたり、肌のハリや弾力がよみがえるなど嬉しい美容効果も期待できそうです。

それだけではありません。40代にピルを服用することは、女性特有疾患の予防という効果も期待できます。この年代になると、子宮がんや卵巣がん、またチョコレート嚢胞や子宮内膜症にかかりやすくなります。しかしピルを服用することによって体内は妊娠したときと同じような状況を疑似的に作り出し、排卵を抑えることができます。その結果、卵巣がんのリスクを低く抑えられるのです。また生理の回数を減らすことによって、子宮内膜症の治療効果も期待できます。

ただし40歳以上のピル服用には、注意が必要です。低用量ピルを服用することによって、月経の周期を管理しやすくなります。しかしピルを服用しているかどうかに関わらず、年齢によって閉経は必ずやってきます。閉経後にはピルの服用はNGとなるため、閉経していないかどうかを定期的に確認しなければいけないのです。

ピルを服用している期間には、必ず出血が起こります。そのため、閉経していても気づかないまま時を過ごすことになりかねません。そのため、若い時からピルを服用している人は、40歳から50歳の間にピルの服用を卒業することになります。そのうえで、血液検査を行ってホルモン値を検査し、閉経しているかどうかをチェックします。40代のピル服用にはたくさんのメリットがありますが、辞め時を模索しなければいけないという点がデメリットと言えるでしょう。

ピルを使った更年期障害対策は、軽度の症状の場合には使うことができます。しかしもともと、ピルは更年期障害の症状を軽減するものではないため、ピルを服用したからと言って、広い更年期障害の症状がスッキリ解消できるとは限りません。多くの場合、若い時からピルを服用している人なら、健康状態に異常がない限りは閉経までピルの服用を継続することが多いのですが、40代になってから更年期障害のためにピルを服用するというケースは少ないのです。

時からピルを継続して服用していた場合でも、50歳をめどに卒業するのが一般的です。その理由は、閉経のリスクが高まることに加え、血栓症や心筋梗塞のリスクも高くなるからです。更年期障害の症状で悩んでいる人は、このぐらいの年齢でピルから、女性ホルモン含有量が少ないホルモン補充療法へと切り替えると良いでしょう。

ピルの服用を卒業する際には、注意したい点があります。それは、ピルの服用を辞めると妊娠のリスクが高まるという点です。年齢的に自然妊娠が難しいとはいえ、妊娠しないわけではありません。そのため、年齢が何歳でもピルの服用を卒業したなら、セックスの際には望まない妊娠を避けるために、避妊することをおすすめします。

更年期に入ってからの避妊方法は、大きく分けて2種類あります。男性がコンドームを着用するという方法と、女性が子宮内避妊具(IUD)または子宮内黄体ホルモン放出システム(IUS)を挿入するという方法です。こうした避妊は、閉経かなと思っても1年程度は継続して行うことで、望まない妊娠の予防につながります。
生理痛でお悩みの方に!生理痛の予防・緩和におすすめの方法
生理中や生理前などに、お腹が痛くなったり妙にイライラしたりという女性は少なくないはずです。女性にとって生理痛は大きな悩みですが、日々の生活を見直すことで生理痛の予防や緩和につながることをごぞんじでしょうか。また試したことがないという方は、ぜひ以下の方法をお試しください。

生理痛の予防、緩和に最もおすすめなのは、生活習慣を見直して規則正しい生活に改めることです。女性の生理は女性ホルモンの分泌によって引き起こされます。ただ、女性ホルモンの分泌はちょっとした影響で乱れやすく、たとえば生活リズムが乱れているだけで生理痛などのトラブルの原因になってしまいやすいのです。

また、生活習慣には食生活も含まれます。ふだん食べている食事内容によっては、生理痛の痛みや症状をひどくしている場合も考えられるので、食生活を見直してみましょう。

たとえば、生理痛を引き起こす原因とされる食べ物に甘いものがあります。砂糖の過剰摂取は、イライラを募らせたりキレやすくなったりなど情緒不安定の大きな原因です。また、砂糖に加えてチョコレートやケーキのように脂肪たっぷりのお菓子は、肝臓の機能を衰えさえてホルモンの代謝に悪影響を及ぼします。甘いものが大好きという方は注意してください。

甘いもの以外では、体を冷やしやすい食べ物に注意です。逆に、体を温める食べ物をしっかり摂ることで、体が内部から温まり血流が良くなります。ネギ、生姜などの香味野菜、ハーブティーなどがおすすめです。

生理痛でお悩みならぜひ運動習慣を取り入れましょう。運動不足も生理痛の一つの原因です。運動によって体を動かすと、全身の血流が良くなります。血行が改善されれば痛みの度合いも少なくなるので、生理痛予防に有効です。

とはいえ、運動は苦手という方も少なくないでしょう。そういう方でも体への負担の少ない運動から始めることで無理なく生理痛対策ができます。少し歩く距離を増やす程度でもかまいません。ランニングやウォーキングはもちろんいいですし、それが負担ならお風呂から上がってから軽くストレッチするだけでも十分です。できる範囲で続けていくことで、生理痛になりにくい体へと変化していきます。

生理痛に限らず、痛みは体の冷えとも深く関係しています。体が冷えると血流が悪くなるため、痛みを感じやすくなるからです。特に女性は男性よりも体が冷えやすいので注意しましょう。夏場でもノースリーブやミニスカートなどの露出の多い服装は良くありません。冷えやすいことを自覚しているならなおさらです。夏場でも室内は冷房が効いていることが多いため、毛布やひざ掛け、カイロなどを用意して、なるべく体を冷やしすぎないように対策してください。

また、体を冷えから守るには毎日ゆっくり入浴するようにしましょう。シャワーではなく入浴することが大切です。その際、お湯の温度は熱くする必要はなく、むしろぬるいぐらいでちょうどいいので、体の芯から温まるためにできれば20分以上入るようにしてください。

続いて、生理痛を積極的に緩和するための方法として骨盤ケアを紹介します。股関節や足の付け根をしっかり開くようにすると、骨盤が開きやすくなり生理痛を緩和します。やり方は以下のとおりです。

まず、床に仰向けに寝転んでください。その状態で両足の足の裏を合わせます。次に、足の裏を合わせたまま、膝を左右に広げていってください。膝を開こうにも股関節が痛くて苦しいという方もいるでしょう。そういう方は膝の下にタオルやクッションを挟むのがおすすめです。

次に、膝を開いた状態のまま、両手を下腹部に持っていきます。そのまま目を閉じ、深く呼吸しましょう。その際、顔、肩、腰など力が入りやすい部位の力をしっかり抜くことを意識しながら深呼吸します。

これを毎日続けてみてください。続けるほどに骨盤が開きやすくなるとともに、リラックスしやすくなります。メンタルの状態も生理痛に影響を与えますので、リラックスすることは大切です。

リラックスするという意味では、アロマテラピーも生理痛の緩和におすすめです。クラリセージやラベンダーなどの香りが心のリラックスや痛みの緩和に良いとされています。骨盤ケアの際に、ぜひアロマも取り入れてみてください。

生理痛がひどい場合は薬に頼るのも一つの方法です。薬に頼ることを嫌って必要以上に我慢する人がいますが、我慢のしすぎは体にも心にも良くありません。それがストレスになってますます生理痛をひどくしてしまうこともあります。

また、薬は薬でも、鎮痛剤ではなくピルによって生理痛を改善するという方法もあります。生理痛は、女性ホルモンの分泌が多いのが原因です。すると、血液の排出時に子宮が大きく収縮するため痛くなります。ピルによってホルモンの分泌を抑制すると、子宮の収縮が抑えられ痛みも少なくなるでしょう。ピルは個人輸入代行サイトを利用すれば誰でも手軽に購入できるので、興味のある方はぜひ試してみてください。
ピルを飲むタイミングはいつ?飲み忘れた場合の対処法について紹介
女性の中には、避妊するためにピルを使用したいと思っている人もいるでしょう。ただ女性の中には「性行為の前にピルを飲めば大丈夫」と思っている人もいるかもしれません。しかし、ピルは飲めばすぐに効果が現れるわけではありません。

まずピルを服用するタイミングですが、生理の始まった時です。生理が始まって5日以内に服用しましょう。ピルには即効性はないのです。一般的に、服用し始めてから1週間は避妊効果は期待できないといわれています。ピルの飲み方ですが、1日1錠服用してください。毎日決まった時間に飲むのもポイントです。これを3週間続けましょう。そして1週間は服用をお休みします。このサイクルをずっと繰り返していきます。なかには、1週間飲まなくても大丈夫なのかと疑問に思う人もいるでしょう。しかし、それまでに3週間ピルを飲み続けているのであれば、1週間服薬しなくても避妊の効果は持続しますから心配する必要はありません。

ただし、さらに2日うっかり飲み忘れてしまうと、避妊効果がなくなる恐れがあります。9日以上連続でピルを飲まない日を作らないようにすることが大事です。しかし1週間薬を飲まないと、うっかりそのまま忘れてしまいそうだと思う人もいるでしょう。しかし最近では、3週間分は薬が入っていて、その次の1週間は錠剤の中に有効成分の入っていないものがセットになっているピルが多いです。決められた順番で毎日錠剤をのみ続ければ、3週間服用して1週間お休みのリズムを維持できるわけです。

ピルの効果ですが、避妊効果は広く知られています。しかしそのほかにも、生理をコントロールする効果もあるといわれています。

ピルを飲むと避妊効果があるとよく言いますが、なぜ妊娠を回避できるのか、そのメカニズムはよくわからないという人もいるでしょう。簡単に言えば、卵子の発育を止める働きがあるからです。卵子が発育するのは脳からの命令によるものです。しかしピルを服用すると、この脳の命令をストップできます。その結果、卵子の発育が止まって小さくなってしまいます。1週間も経過すれば、発育する可能性は0%になるといわれています。

ここで重要なのが、服用するタイミングなのです。すでにある程度発育した卵子に対してはピルの効果が期待できないからです。ピルを服用して脳からの命令はシャットアウトできます。しかし、脳の命令がなくてもある程度成熟した卵子は勝手に成長して、排卵してしまうのです。生理が始まって、早いと7日目くらいにはこの状態になります。そのため、生理が始まってすぐにピルを服用した方がいいといわれるのです。

生理のコントロールができるのは、子宮に子宮内膜をつなぎとめる働きがあるからです。本来一定期間、女性ホルモンの働きによって子宮内膜を子宮につなぎ留めます。しかし女性ホルモンはいずれなくなります。この時子宮内膜が子宮から剥がれますが、これが生理現象です。ピルには子宮内膜を子宮につなぎとめる働きがあります。つまり服用し続ければ、生理も止められるわけです。

中にはピルをうっかり飲み忘れることがあるでしょう。すると生理の時のような出血の起きる可能性が高いです。1日飲み忘れただけでも出血が認められることは珍しくありません。ピルの服用を再開すれば、出血を止められる場合もあります。しかしこれには個人差があって、ピルを服用し続けてもしばらく出血が続くという人もいます。出血するとびっくりしてしまうでしょうが、ピルをそれまで1週間以上飲み続けているのであれば避妊できる状態は維持されているはずです。なぜなら卵子が十分発育できていないからです。ピルは1週間くらい飲み忘れているくらいであれば、避妊に関しては問題ありません。

ピルには生理をコントロールする効果があります。これを応用して、生理痛対策としてピルを服用している女性も少なくありません。服用を始めてから次の生理から症状を緩和できる可能性が高いです。ただし中にはピルを服用し始めてしまってから、逆に症状が重くなる事例も見られます。これはピルの種類が身体に合っていないからでしょう。ピルに含まれる成分を見てみると、卵胞ホルモンや黄体ホルモンなどいろいろな種類があります。生理痛がひどくなってしまったのであれば、ピルの種類を見直したほうがいいでしょう。

またピルを服用することで、ニキビが出やすくなる可能性がありますので注意しましょう。これはピルを服用することで、体内のホルモンバランスが崩れてしまうからです。しかしホルモンバランスが崩れたことによるニキビなどの肌荒れは、あくまでも一時的な症状です。一般的に2~3カ月も経過すれば、体が新しいホルモンバランスに慣れてきます。そうすれば、ニキビも改善して肌のコンディションも落ち着いてくるでしょう。

ピルは通販サイトからでも購入することができます。今すぐピルを購入して避妊対策や生理痛予防をしたいと思っているのなら、オンラインショッピングで確保してみるのもいいでしょう。
ピル・避妊薬の賢い活用法を知っておこう!
避妊の方法にはいくつかの選択肢があります。もっとも広く知られているのが避妊具、つまりコンドームでしょう。そのほかにはピル・避妊薬、あるいは子宮内にプラスチックの器具を挿入して受精卵の着床を防ぐIUD(子宮内避妊具)などの選択肢もあります。

これらの方法の中でどれがもっともよいか?使用する環境によっても意見が分かれますが、女性の立場から見た確実性という点ではピル・避妊薬がもっとも利用しやすい選択肢となるでしょう。利用のしやすさや、入手が容易な点からもコンドームが一番なように思えますが、どうしても男性の協力が不可欠なこと、そしてしばしば男性がコンドームの使用をいやがること、適切な使い方をしないと妊娠の可能性が一気に高くなってしまうことなどの問題点があります。女性が自分で避妊対策、それも確実にできる方法となるとピル・避妊具がもっとも適していると評価することができます。IUDの場合は入手が大変などの問題があります。

ピル・避妊薬とはどんなものなのか?こうした避妊薬には2種類の女性ホルモン、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が含まれています。服用することでこの2つのホルモンが脳下垂体に作用して排卵の抑制や、受精卵が子宮内膜で着床しにくい状態にするといった効果をもたらします。

コンドームやIUDのように器具を装着するのではなく、薬を服用するだけで普通にセックスする形となるので「本当に避妊できるのか」と不安を感じる方も多いかもしれません。実際のところピル・避妊薬を使用すればほぼ100パーセントの確率で避妊効果を得ることができます。先述したように男性の協力を得る必要もなく、簡単にできる点からも非常に優れた方法と言えるわけです。

なお、ピル・避妊薬と言われるものにはいくつかの種類があります。正しい使い方を心がけるだけでなく、自分に適切な種類を使うことも重要になってきます。とりわけ避妊対策用のピルとして広く知られているのが低用量ピルとアフターピルです。まずはこの2つの違いを確認しておきましょう。

低用量ピルとはその名前の通り含まれているホルモンの用量が少なく、ホルモンバランスへの影響が少ないタイプのピルです。安全性の高さもさることながら避妊効果も非常に高く、一般的にはこの低用量ピルをピル・避妊薬と呼んでいます。

一方アフターピルは「アフター」と付けられているように性行為を行った後に服用するものです。例えば男性が不用意に膣内射精をしてしまったとき、コンドームの使用に失敗してしまったときなどです。「緊急避妊薬」とも呼ばれるように基本的には万一のときに服用するものです。

なお、低用量ピルには避妊効果のほか、月経困難症やPMS(月経前症候群)の治療・対策効果も備わっています。

そのほかには低用量ピルよりもホルモンの用量が多い中容量ピル、逆に少ない超低用量ピル、エストロゲンが含まれていないミニピルなどの種類もありますが、これらは基本的には避妊対策には使用されません。

こうした種類ごとの特徴から見ても避妊対策におけるピル・避妊薬の使用では低用量ピルを正しく使用することが大前提となります。そんな低用量ピルのポイントは服用するタイミングと用量です。

1日1錠の服用が前提となっていますが、もちろん厳密に毎日服用しなければならないというわけではありません。服用から1週間ほどで高い避妊効果を発揮するため、基本的には生理がはじまった日から5日目までの間に飲みはじめることになります。そして服用する際にはいつも同じ時間帯に服用するのが理想的です。ただそれほど厳密に考える必要はなく、また1日飲み忘れてしまった程度なら対処することも可能です。その場合には次の日に2錠飲むことになります。

低用量ピルのもう一つのポイントは必ず休薬期間を設けることです。通常は7日間。この休薬期間は薬を服用しないパターンと、ホルモンが含まれていない偽薬(プラセボ)を服用するパターンの2種類があります。服用する低用量ピルに合った休薬期間を守るようにしましょう。

なお、もし2回(2日)以上飲み忘れてしまった場合には服用を中止し、性行為を避けるか他の避妊方法で対処することになります。そして次の生理が来たときに改めて服用を開始することになります。

もうひとつのアフターピルの場合は低用量ピルのように日常的に服用するのではなく、避妊行為をしなかった、失敗したときに飲むことになります。その効果は薬によって異なりますが、72時間タイプと120時間タイプが多く見られます。ですからそれほど焦って飲む必要はありませんが、性交渉後にできるだけ早く服用したほうが高い避妊効果が得られます。

低用量ピルの場合は日常的に確保する必要がありますし、アフターピルの場合は万一の時に備えて用意しておく必要があります。そのためにもできるだけ経済的負担が少なく手軽に入手できる方法が望ましいでしょう。その選択肢として個人輸入代行業者を利用した海外製のピル・避妊薬の購入が挙げられます。ネットから注文すれば言葉の問題もなく普通のネット通販と変わらない感覚で注文・購入できますし、商品紹介ページから商品内容や服用方法などの情報も日本語で確認できます。しっかりと避妊したい方、ピル・避妊薬を賢く利用しながらうまく避妊対策を行っていきたい方にとくにおすすめの方法です。
更年期障害の治療にピルが効果的って本当?
ピルにはいろいろな種類がありますが、多くの場合には妊娠を予防する目的で使われます。ピルを服用することによって体内のホルモン量を高く維持することができます。その結果、排卵を促す指令が脳から出ず、排卵が起こらなくなるのです。排卵が起こらなければ妊娠するリスクはありませんから、結果的にピルを飲むと避妊できるという事になります。

ピルは、妊娠したくない女性なら年齢を問わずに服用するのがおすすめです。自然妊娠は難しいと考えられている40代でも、避妊をしないセックスの結果として妊娠してしまい、中絶するケースは増えています。厚生労働省が発表した中絶件数をみると、40代の中絶件数は20代の半数弱程度もあるのです。しかも、若い年代の中絶件数は年々減少傾向にありますが、40代は少しずつ増えています。こうしたリスクは、ピルを飲むことによっても解決できます。

ただし40代女性がピルを服用する際には、注意しなければいけないことがいくつかあります。この年代は、老化によって女性ホルモンの分泌量が著しく低下する時期でもあります。40代後半になると女性ホルモンの減少が更年期障害を引き起こすこともあるでしょう。女性ホルモン量が低下することで起こる現象には、更年期障害以外にも骨粗鬆症やアルツハイマー、萎縮性の膣炎、また心筋梗塞や脳梗塞など血管性の病気などがあげられます。

それでは、40代女性がピルを服用する際には、どんな点に注意しなければいけないのでしょうか?

1つ目の注意点は、40代に入ってから初めてピルを服用する人だと、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高くなってしまうという点があげられます。だから服用するのはNGというわけではないものの、ピルを服用していない人と比較してリスクが高いことは、理解しておいた方が良いでしょう。

2つ目は、どんな目的でも40代以降にピルの服用ができない人がいるという点です。例えば、高血圧や糖尿病、肥満や高脂血症など血液や血管の疾患を抱えている人や予備軍の人は、注意が必要です。ピルを服用することによって、その病気のリスクがさらに高くなってしまうからです。もしも、すでにこうした生活習慣病系の治療をしている人は、残念ながら目的に関わらずピルの服用は控えるのがおすすめです。

3つ目は、女性特有のガンを発症するリスクが高くなるという点です。例えば乳がんや子宮がんなどが該当するでしょう。もしも40代以降でピルを服用するなら、こうしたがんの健診を定期的に受けることをおすすめします。

4つ目は、過敏症のリスクです。一般的ではないものの、ピルを服用したことが原因で原因不明の出血をすることが稀にあります。これは、ピルに対する過敏反応と考えられており、この症状が出る人は、残念ながら服用するのは控えるのが安心です。なぜなら、明確な原因が分からない不正出血のため、ストップするにはピルの服用をストップするしか解決策がないからです。ただし、ピルの種類を変えることによって症状を止められる可能性はあります。もしも海外からの個人輸入などで購入するなら、いくつかを使ってみて自身の体質に合ったものを見つけると良いでしょう。

もしも上記のリスクに該当しない人で、更年期症状で悩んでいる場合には、ピルを服用することによって更年期症状を軽減できる可能性はあります。具体的には、イライラしたりホットフラッシュやのぼせ、ほてりなどの不快な症状は、ピルによって女性ホルモン量を高く維持することによって抑えられます。もしもこうした症状で悩んでいる人は、ピルを飲むことで嫌な症状から解放されるかもしれません。

ここで、注意したいことがあります。それは、更年期障害の症状軽減にピルを使うことはできても、ピルだけで更年期障害によるすべての症状を解消できるわけではないという点です。あくまでもピルは、症状軽減するチャンスがある選択肢の一つという位置付けて向き合うと良いでしょう。

ピルには、1錠あたりに含まれている女性ホルモン含有量によって、低用量、中用量、そして高用量に分類できます。市販されているピルの多くは低用量で、ホルモン含有量は50㎍未満です。更年期障害の軽減を目的としてピルを使う場合には、低用量タイプの中でも特にホルモン含有量が少ない超低用量タイプを選ぶという方法もアリです。

さらにピルには、具体的にどんな黄体ホルモンが配合されているかという点で、第1世代から第4世代までがあります。このうち、40代の更年期障害を軽減するなら、血栓症のリスクが少ない第1世代を選ぶのが良いかもしれません。

ピルには、たくさんの種類があり、働きや目的も様々です。もしも更年期障害の症状を緩和する目的でピルを使ってみようかなと考えている人は、海外からの個人輸入サイトを利用するのがおすすめです。リーズナブルに購入できるほか、たくさんの選択肢がラインナップされており、自分に合ったピルを見つけられるというメリットが期待できます。
ピルってどんな薬??正しい知識を身につけて安全に活用しよう!
避妊薬として知名度の高いピルですが、副作用がある薬としても広く知れ渡っているため、日本では怖い薬であるという認識の方も少なくありません。実際に、日本では世界に比べると、ピルの使用率は低いとも言われています。そんなさまざまなイメージに包まれているピルですが、きちんとした知識を身につければ、思ったよりも危険は少なく、正しく使用すれば多くのメリットがあることもわかってきます。

ピルは、1960年代にアメリカで開発された経口避妊薬です。使用状況は各国によって異なりますが、全世界の1億人以上の女性の方がピルを使用しています。例えば、オランダの状況を見てみると、14~16歳の子どもたちにはピルが無料で配布されるほど、身近なものであることがよくわかります。

ピルの大きな効果は、やはり避妊が可能なことです。ピルは、卵巣にて作られるエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが主成分の薬です。これを内服することによって、意図的に体内のホルモンバランスを調整し、脳に妊娠していると認識させます。脳が妊娠したと認識することで排卵が止まり、その間に性交渉を行ったとしても妊娠することができなくなるわけです。これがピルがもたらす避妊の仕組みです。この避妊の効果はピルを服用している期間のみ現れるものなので、ピルの服用をやめれば通常の排卵を再開することができます。

日本ではあまり表沙汰になることはありませんが、世の中には女性が避妊を望んでも、避妊を拒否して性交渉を行う男性も多くいます。そうした男性とお付き合いをしている女性たちが自分の身を守るために、ピルを使用しているという事実も確かに存在するのです。

また、ピルにはつらい生理痛を和らげる効果もあります。通常、生理中は増殖した子宮内膜内のプロスタグランジンという物質により、子宮の収縮が促されます。この動きが生理痛となって女性の体を苦しめるわけですが、ピルを服用するとプロスタグランジンを抑制することができるため、通常の月経時よりも痛みが軽くなるという効果が得られるわけです。

この他に、ピルには月経の時期をコントロールする効果もあります。旅行や大切な日に生理が来ないように調整したいというときは、自身の生理周期に合わせてピルを服用すれば良いというわけです。

多くの女性が毎月の生理痛に悩まされており、場合によっては身体を動かすことすら困難な状況に陥ってしまうこともあります。これは日常生活を送ることが困難になってしまうことと同義であり、それを和らげるピルの存在は、彼女たちにとって救世主ということもできるでしょう。

思春期に生理が始まれば、ピルの服用を開始できます。しかし、その服用には条件があります。例えば、中等度以上の高血圧と診断された方や乳がんの方、そして肝機能障害をお持ちの方などは服用することができません。体質によって飲める人と飲めない人がいるので、自分は大丈夫かどうかきちんと確認をしてから、ピルを使用することが大切です。

一口にピルと言っても、その種類はさまざまです。ピルには大きく分けると、高用量ピル、中容量ピル、低用量ピル、そしてミニピルの4種類が存在します。このうち、高用量ピルは重い副作用があることがわかっているので、現在はよっぽどのことがない限り、処方されることはありません。そのため、実質3種類のピルという認識でも良いでしょう。

この3つの各ピルは、それぞれ使用目的が異なります。中容量ピルは、主に緊急避妊薬や重度の月経に関わる症状の改善に用いられるピルです。低用量ピルは、通常の避妊や軽度の月経に関わる症状の改善、そして肌荒れの改善などを目的として使用されます。ミニピルは、体質的に低用量ピルでも重い副作用が出てしまう方が、避妊したい場合に使用するピルのことです。

これらのピルはどの種類であっても、副作用が起こる可能性があります。例えば、吐き気や血栓症などのリスク、そして腰痛や不正出血などです。これらの副作用は、ピルの服用開始時が一番ひどく、服用を継続することによって少しずつ軽くなっていくことが多いと言われています。もちろん、用量が少なければ少ないほど、副作用は起こりにくくなります。

ピルには確かに副作用が存在しますが、正しく使用すれば生理や妊娠に悩まされることなく、日常生活を送ることが可能になります。これまでピルは怖くて手が出せなかった方、認識が変わったという方は、ぜひピルを活用して、健やかな日常生活を手にしてください。

現在、日常的にピルを服用している方もそうでない方も、お得にピルを購入するには通販サイトがおすすめです。通販サイトでは、多種多様なピルをお得な価格で入手することができます。ただし、前述の通り、ピルの恩恵を得るためには、きちんと用法用量を守ることが大切です。早く効果を得たいからといって、定められた使用方法と異なる服用をしないように、くれぐれも注意してください。
さまざまな避妊法のそれぞれのメリット・デメリット
避妊の方法はさまざまですが、どれを選ぶにせよメリットもあればデメリットもあることを考慮しなければなりません。また、どの避妊法が適切なのかは個人のライフスタイルによっても変わります。自分とパートナーに最も適した方法を選びましょう。

避妊の効果が最も期待できる方法が、経口避妊薬、いわゆるピルの服用です。黄体ホルモンや卵胞ホルモンが含まれるピルを、毎日同じ時間に服用すると、高い避妊効果が得られます。正しい方法で服用した場合、妊娠率はわずか0.7%です。また、婦人科疾患の治療など避妊以外の目的にも使用されています。

そんな避妊効果の高いピルですが、世界的に見て日本での普及率は高くありません。しかし、この後紹介するコンドームよりも避妊を防ぐ観点からはおすすめです。女性がピルを服用し、男性がコンドームを装着すればさらに高い避妊効果が望めるでしょう。

また、ピルの場合、女性の主体的な意思で避妊ができるという大きなメリットがあります。コンドームの避妊率も高いですが、コンドームは男性が装着するため、男性の協力が絶対不可欠です。もし男性がコンドームの装着を拒否した場合、もしくは、装着はしたものの正しく装着できていない場合でも、ピルによって妊娠を高い確率で防ぐことができます。

一方、ピルにもデメリットがあります。頭痛やむくみ、不正出血などの副作用があることがその一つです。ただ、これらの症状を過度に恐れる必要はなく、数か月服用を続ければ気にならなくなると言われています。また、滅多に見られませんが、血栓症を副作用として発症する恐れもあるので注意です。加えて、45歳以上の女性やヘビースモーカーの女性の場合、健康上のリスクのためにピルが処方されないというデメリットもあります。

ピルよりも避妊法としておなじみなのが、先ほども触れたコンドームです。男性のペニスに装着することで精子の膣内への侵入を防ぐ効果があります。コンビニやドラッグストアなどで手軽に購入できること、副作用がないこと、性器同士の接触を防ぐために性病予防にもなることなど、コンドームのメリットは多いです。

ただし、先ほども述べたように、コンドームを使うには男性の協力が不可欠ですし、装着の仕方がまずくてセックス中に外れたり破れたりする恐れもあります。コンドーム単体での妊娠率は約2%となかなかの避妊効果がありますが、実際にはそれほどではないでしょう。また、女性にとっては、コンドームで本当に避妊できたのかどうか確認できないというデメリットもあります。しかし、ピルなど他の避妊法と併用することで、避妊効果を高めることは可能です。

一般的に「避妊リング」と呼ばれる子宮内避妊器具(IUD)という避妊法もあります。こちらは、その名のとおり子宮の内部に取り付けることによって、受精卵が着床しないようにする避妊法です。一度取り付けると2年から5年ほどの避妊効果が得られます。セックスのたびに避妊する必要がなく、健康上の理由からピルの服用が難しい女性にも適した方法です。

避妊リングの避妊効果はとても高く、場合によってはピル以上の効果が見込めます。妊娠率はおよそ0.1%~0.6%です。一度取り付けると、後は時々医師に確認してもらうだけで数年の避妊効果が得られるので、避妊忘れの心配がないうえにコストパフォーマンスが高いというメリットがあります。

避妊リングのデメリットは、取り付けも取り外しも医師に頼らなければならないことです。ピルやコンドームのように個人的にできる避妊法ではないので、その面倒さが大きなデメリットでしょう。また、いったん取り付けた後は数年間の避妊効果が見込めるものも、何かの拍子にリングがずれたり外れたりすることもあるので、定期的な検診も欠かせません。また、妊娠や出産の経験がない女性には取り付けられないこともあります。

避妊リングの一種ですが、ピルのような避妊効果を持つ子宮内避妊システム(IUC)という方法もあります。子宮の内部に取り付けると、器具から黄体ホルモンが放出され、それによって着床を防ぐという原理です。また、子宮頸管に作用して精子が子宮内に侵入するのを防ぎます。

IUCのメリットは、ピルの服用ができない女性でもピルと同じような高い避妊効果が得られることです。メリットとしてもう一つ、避妊リングの一種なので、一度取り付けるだけで数年間の避妊効果が得られることも挙げられます。

ただし、これも医療行為なので、個人で取り付けることも取り外すこともできないことがデメリットとして挙げられます。定期的な検診も必要ですし、妊娠や出産経験のない女性の場合、取り付けできない場合もあることに注意しましょう。

さまざまな避妊法を紹介しましたが、女性が個人でできる避妊効果の高い方法となると、やはりピルがおすすめです。ピルは個人輸入代行サイトを利用することで、一般の人でも簡単に購入することができます。避妊の必要がある方はぜひ検討してください。

カテゴリ一覧

ページトップへ
ラシックス通販・個人輸入 / 78ショッピング のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。