検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

46件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
EDとは?ED治療薬の効果との関係を探る
ED(勃起不全)とは文字通り正常な勃起ができない状態のことです。性的な刺激を感じているにも関わらず勃起ができない、あるいは勃起はできるけれどもその状態を維持できないのです。そのためセックスを楽しむことができない、パートナーを満足させることができずに関係に支障をきたしてしまうといった問題を引き起こします。

どうしてEDが起こるのか?誰でも思いつくのは純粋な身体の衰えです。40代に入る頃から体力の衰えを実感する機会が多くなり、その一環として精力や勃起力の低下を痛感する機会も出てきます。ただEDはそのほかにもさまざまな要因で起こることがあります。問題なのはそうした原因が身体の老化と組み合わさることでどんどん症状を悪化させてしまうことです。

そんなEDの原因には大きく分けて4つのタイプがあります。まず器質性EDと呼ばれるもので、簡単に言えば身体的な原因で勃起能力が低下してしまうものです。身体の老化もそうですし、そのほかには動脈硬化や糖尿病、高脂血症といった生活習慣病も大きな原因として挙げられます。勃起とは陰茎部にある海綿体に血液が流れ込むことで起こりますから、動脈硬化で血液の流れに滞りが生じているとうまく勃起できなくなってしまうのです。また糖尿病や高脂血症のように神経にダメージが生じてしまう病気だと性的な興奮が得られにくくなり、さらにその興奮が勃起を促しにくくなってしまいます。さらに怪我や手術の影響などで勃起力が低下してしまったケースも器質性EDに含まれます。

2つ目は心因性ED。現代社会で増えていると言われているタイプです。とくに多いのがストレス。ストレスによる自律神経の乱れ、さらにはうつ症状などで無気力・倦怠感に襲われるようになることで勃起力が低下してしまいます。無気力・無関心な状態に陥ることでそもそも性的な興奮を感じにくくなるケースも見られます。さらに過去にセックスに失敗する、パートナーから早漏やセックスが下手なことを指摘されたなどのトラウマが原因で勃起できなくなってしまった場合も心因性EDに分類されます。ほかにはパートナーや夫婦同士での感情的なトラブルがストレスをもたらしEDの原因になることもあります。

3つ目は以上の2つの要因が組み合わさった混合型ED。典型的な例では体力的な衰えにパートナーとの関係の冷却化、将来への不安、仕事への緊張が加わることで勃起力の低下だけでなく性的な興奮も感じにくくなってしまうパターンが挙げられます。ほかにも先述した動脈硬化や糖尿病とうつ病などの心の病が組み合わさるといったケースも見られます。

4つ目はやや特殊なケースですが、服用している薬剤の影響で勃起力が低下する薬剤性EDです。一部の薬剤、降圧剤や利尿剤、筋弛緩薬、不整脈治療薬などでは服用することで勃起力の低下がもたらされることがあります。

こうして見てもじつにさまざまな原因でEDが発症することがわかります。それだけに一度EDになってしまうと改善するのがなかなか難しいのです。原因がひとつだけならそれを解消すればよいわけですが、混合型EDのようなさまざまな原因が組み合わさっている場合はすべてを解消するのはなかなか難しいものです。

そのため、一生懸命対策を行っているにもかかわらずなかなか思うように効果が現れず、勃起不全の状態が続いてしまうこともあります。それがイライラや焦りをもたらし、さらには男としての自信喪失、さらなるストレスの蓄積といったEDを悪化させてしまうような状況をもたらしかねません。

そんなときに役立つのがED治療薬です。バイアグラ、レビトラ、シアリスに代表されるED治療薬は勃起のメカニズムに直接作用することによって勃起を促す働きを持っています。

具体的には下半身の血流を促すことで海綿体に血液が流れ込みやすい状況を作り、勃起力だけでなく持続力を向上させることができるのです。

ストレスや動脈硬化といったEDの原因の問題はつまるところ下半身の血流を妨げて勃起しにくい状態を作ってしまうことです。それを薬剤の力で直接改善することができるわけです。

このように現在出回っているED治療薬は基本的な効果のメカニズムそのものは共通している一方、細かな点で違いが見られます。例えばレビトラはバイアグラに比べて即効性に優れており、シアリスは食事の影響を受けにくいメリットを持っています。一方バイアグラは知名度が高く、安心して利用できる点に大きな魅力があります。

服用してから効果が現れるまでの平均時間はバイアグラが約40~60分、レビトラが20~40分、シアリスが1~3時間となっています。なお、シアリスは効果が現れるまでに時間がかかりますが、その分長く効果が持続するメリットがあります。

つまり服用するタイミングや服用してから食事をする機会があるかどうかによって向き・不向きの違いが出てくるわけです。

こうしたED治療薬で勃起力を改善したうえでセックスを楽しむことができればストレス解消にもなりますし、失いかけていた男としての自信を取り戻すきっかけにもなるでしょう。それが心因性EDの原因を解消していくきっかけにもなるはずです。ED治療薬はEDそのものを治療する薬ではありませんが、セックスを楽しめる状態をもたらし、EDそのものの改善を側面からサポートする面も持ち合わせているといえます。

こうしたED治療薬は個人輸入代行業者を利用することで個人でも手軽に入手することが可能です。まだまだセックスを楽しみたい、男として現役でありたい、そんなEDの悩みを抱えている方はまずED治療薬で勃起ができる喜びを取り戻してみてはいかがでしょうか。
EDの原因と改善方法
EDとはErectile Dysfunctionの略で、日本語で言うと「勃起不全」です。基本的な定義としては、ペニスが性行為を行うのに十分な硬さにならない、もしくはその硬さを維持することができないこと、とされています。加齢や肉体的、精神的な異常など原因は様々で、日本では成人男性の4人に1人がEDを患っているという調査結果が出ています。

EDになって困ることは、主に性行為です。セックスを十分に行うことができないために、パートナーを満足させることができず、関係が悪化してしまう事例は少なくありません。そのような経験から、男性はセックスに自信を持つことができず、女性との関係と距離を置くようになってしまいます。その結果、孤独感や劣等感などの精神的な負担が増え、うつ病にまで発展してしまうこともあるのです。

EDの原因は、大きく分けて4つあります。1つ目は心理的、精神的なストレスです。体の機能に異常は無くても、日常のストレスやセックスのパートナーとの関係からくるプレッシャーで、勃起が上手くいかない場合があります。性的に興奮すれば、いつでもどこでもペニスは勃起するという風に思っている女性もいますが、実は男性の勃起は複雑で、興奮はしているけど勃起しないということもあるのです。

目や体で感じた性的刺激は、脳内から神経伝達物質を通して体に伝えられ、ペニスにセックスの準備をするように呼びかけます。この神経伝達物質がストレスによって阻害されると、たちまち信号は途切れ、ペニスは脳からの指令に反応できなくなるのです。興奮はしているけど勃起はしない、もしくは中折れしてしまうということも起こり得ます。

このタイプのEDは「心因性ED」と呼ばれ、20代の若者にも多く見られます。夜間勃起やマスターベーションは問題なく行えるけど、人間相手のセックスでは上手くいかないという人は、この心因性EDである可能性が高いです。

2つ目が、血管、神経、ホルモンなどの体の器官の不具合です。勃起には血液の働きが大きく影響しています。そのため、血流が悪化し、ペニスまで血液が届かなくなると、勃起しづらくなってしまうのです。ペニスの海綿体の血管は体の中でも細いので、血流の流れが滞ると、真っ先に影響を受けてしまいます。加齢による動脈硬化や糖尿病、高血圧により血管の働きが弱まると、EDを発症してしまうのです。

同じ理由で、喫煙やアルコールもEDの原因になることがあります。タバコやアルコールは血管を収縮させ、血の流れを弱めるからです。喫煙や飲酒が日課になっている人がEDに悩んでいるならば、タバコとお酒の量を少なくしてみると、改善の糸口が見えてくるかもしれません。

このような体の機能が原因で起こるEDを「器質性ED」と呼びます。体の衰えが目立ってくる40代から50代の人に多いです。EDは病気のサインとして表れているので、原因になっている病気を克服することで、同時にEDの治療につながるケースがほとんどです。

3つ目は、心因性EDと器質性EDの合わせ技です。精神的なストレスと身体的なストレスが同時に発生したり、病気などの身体的ストレスが原因から精神的なストレスを抱えたりなどして、心と体の両方に負担を抱えてしまっている状態です。

「混合性ED」と呼ばれ、やはり50代前後の人に多く見られるタイプのEDです。肉体的な衰えもあり、社会的な立場や家庭環境が大きく変わる年代なので、たくさんのストレスをいっぺんに受け止めなければいけないことが、体に様々な影響を与えます。

最後は、薬の副作用によるEDです。持病や治療のために継続的に薬を摂取している場合、その薬の中にEDの原因となる成分が入っていることもあるのです。「薬剤性ED」と呼ばれ、年齢は特に関係ありません。

薬剤性ED以外は、自力で改善が可能です。何よりも、生活習慣を見直しましょう。歳をとるにつれてむずかしくなっていくとは言え、50代や60代でも血流や神経を正常に保つことは可能です。健康的な食事や運動、十分な睡眠など、基本的なところを改善していきましょう。

生活習慣の改善はそのまま精神衛生の向上にもつながるので、心因性EDの改善にもなります。健康的な食事は脳から出る神経物質の量を整え、適度な運動はセロトニンやエンドルフィンの分泌を促し、十分な睡眠は脳の機能を修復します。基本的なところから地道に整えていき、ストレスや不安に強い脳を作りましょう。

また、パートナーがいる場合は、しっかり話し合うことも大事です。1人で抱え込んでしまっては、溝は深まり、ストレスは増えていく一方です。

即効性を求めるのなら、レビトラ、シアリス、カマグラといったED治療薬の使用も考えてもいいでしょう。ずっと使い続けていくことに抵抗を感じたり、依存性を懸念する人が多いですが、1回の使用をきっかけに不安が解消され、状況が好転していくこともあります。

カテゴリ一覧

ページトップへ
ラシックス通販・個人輸入 / 78ショッピング のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。