検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

10件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
カートへ進む
緊張に強くなるために毎日の食生活に取り入れたい食材
商談やプレゼンなど、ビジネスシーンには何かと緊張する場面があります。慣れないことをするのは誰でも多少は緊張するものですが、なかには緊張が強すぎて苦痛に感じるという方もいるでしょう。「どうにか緊張を一瞬で消す方法はないものか?」という思いはもっともですが、残念ながら一瞬で緊張がなくなることはありません。ただ、日々の食事を見直すことで、些細なことには動じないリラックスした精神状態を目指すことは可能です。

緊張は、疲労や不眠などと深く関係しています。緊張が強すぎると、体が硬直して思うように動けず、そのせいでドッと疲れを感じてしまうこともあるでしょう。また、緊張することがある時は、それが気になってなかなか眠れずに翌日の集中力を乱すことにもつながってしまいます。そのせいでますます緊張が強まることもよくあることです。

そんな方におすすめなのが牛乳です。「いまさら牛乳なんて」と思うかもしれませんが、実は、牛乳には薬膳的にも高いリラックス効果が認められています。特に、牛乳を温めて飲むホットミルクは安眠効果が絶大です。また、同じく安眠効果が期待できるハチミツと組み合わせて、ハチミツミルクやハチミツミルクティーをお休み前にいただくのもスムーズに入眠するのに役立ちます。

牛乳が豊富にカルシウムを含むことは有名です。育ち盛りの子どもに欠かせない栄養素が豊富に含まれているため、学校の給食でも毎日牛乳が出てきます。牛乳に含まれるカルシウムは、子どもの成長だけでなく大人にとっても気持ちを落ち着かせるのに有効なのです。日常的な飲み物ですので、ふだん牛乳を飲まないという方もぜひ飲んでみてはいかがでしょうか。

なお、牛乳を飲むとお腹を下すという人も一定数いますが、そういう人でもホットミルクなら大丈夫です。お腹を下すのは乳糖の分解が苦手だからであって、牛乳が体に悪いわけではありません。少量のホットミルクから始めて、徐々に増やしていくと克服できることもあります。

牛乳以外でおすすめなのが、野菜の大根です。薬膳的には、大根とは「甘」の性味があるとされています。また、栄養素的にはジアスターゼという消化吸収を助ける成分が豊富です。特に大根おろしなどにして生で食べると、胃腸の調子が良くなったり、便秘が解消したりといった効果が期待できます。緊張を感じるとお腹が痛くなる、お腹が張る、胃が持たれるといった症状がある方は試してみてください。

また、大根は喉に良い成分も豊富に含んでいます。声がかれるのを予防する効果もあるため、プレゼンなどで人前で話す前にはぴったりでしょう。しかし、大根を食べてすぐに声がれが治るわけではないので、日ごろから毎日の食生活に加えるようにしてください。

イライラやドキドキ感を解消するのに良いとされる食べ物に、ナツメ(棗)があります。あまり日常では食べないかもしれませんが、薬膳スープの具材としてはよくある具材の一つです。また、韓国や中国では日常の食事でもよく食べられています。ですので、近所のスーパーで見つからないとしても、韓国や中国の食材を扱うお店なら見つかるでしょう。スープだけでなく、カボチャなどと一緒に煮物にして食べるのもおすすめです。

デザートでも緊張緩和を目指せます。同じ砂糖でも、白砂糖ではなく黒砂糖にすることで、疲労効果や安眠効果、女性なら生理不順の改善などが期待できるのです。また、鉄分やマグネシウム、ナトリウムなどのミネラルも豊富に含まれています。ハチミツの代わりにホットミルクに黒砂糖を入れるのでもよいですし、食事に使う砂糖を黒砂糖に変えてみるのもよいのではないでしょうか。

和菓子では葛餅がおすすめです。葛餅に使われる「葛」はリラックス効果が期待できます。そのほか、気力のアップ、肩こりの改善など薬膳的にいろんな良い作用があるとされるので、ぜひ葛を食生活に取り入れてみてください。葛餅だけでなく葛切りもおすすめです。

緊張には脳内物質が大きく関係しています。「幸せホルモン」という別名で有名な「セロトニン」という名前を聞いたことはないでしょうか。これが脳内で枯渇すると精神疾患の発症リスクが高まるとされるほど、精神には重要な成分です。逆に、このセロトニンが脳内でしっかり分泌されていると、緊張する場面にも強くなります。

ただし、セロトニンそのものは食べ物で摂取できません。ビタミンB6とトリプトファンを摂取することで、体内でセロトニンが合成されるようになっています。ですので、セロトニンの分泌量を増やすのなら、この2つの栄養素を豊富に含む食べ物を積極的に食べましょう。特に大豆製品、魚介類、ナッツなどは毎日食べたいところです。朝食に味噌汁や納豆を食べるのでもよいでしょう。

食べ物で緊張に強くなるには時間がかかります。あがり症で困っている場合は、インデラルという薬を試すのも一つの方法です。神経の高ぶりを抑える作用があるため、緊張のあまり動悸やふるえ、吐き気がするという場合に効果が期待できます。インデラルは個人輸入代行サイトで簡単に購入できますので、検討してみてはいかがでしょうか。

カテゴリ一覧

ページトップへ
ラシックス通販&個人輸入・78ショッピング のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬機法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。